スポンサーリンク

「縁(えにし)」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「縁(えにし)」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「縁(えにし)」の意味を分かりやすく説明していきます。

初めて聞く言葉を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「縁(えにし)」とは?意味

縁(えにし)とは、人と人の出会いのこと。

親子のつながり、恋人の結び付き、友達との関わりをあらわします。

またある出来事を誘発させた、そもそものキッカケもあらわします。

そしてあるグループや人と、深い関わりを持っていく動作も含みます。

ひとつの漢字でありながら、とても深い意味を持っているのが縁(えにし)です。

もともと「縁」という漢字には「ゆかり、つながり」という訳があります。

ゆかりは「糸をたぐり寄せていくと、出会える関係」という意味を含んでいます。

血縁や心のつながりがあることが縁(えにし)です。

「縁(えにし)」の概要

もともと縁(えにし)は、建築業界の言葉です。

畳敷きの部屋の外にある、板張りの空間を縁(えにし)と呼んでいました。

最近では「縁」と書いて「えん」と間違って読まれることも多いのですが、本来の読み方は縁(えにし)です。

ウッドデッキのように屋根のないタイプを濡れ縁、屋根のあるタイプを「くれ縁」と呼んでいます。

昔ながらの和風住宅にある造りで、現在では「多くの人が集える、団らんの場」として見直されています。

縁(えにし)では風情ある庭を眺めながら、訪問したお客さんと心豊かな時間をすごせます。

そのため人と人をつなぐ場、つなぎ留めるという意味に発展しました。

「縁(えにし)」の言葉の使い方や使われ方

・『良い縁(えにし)を求めて、神社に来ました』
・『昔の友にばったり会い、縁(えにし)を感じました』
・『縁(えにし)で日向ぼっこしてます』

「縁(えにし)」の類語や言いかえ

縁(えにし)と似た言葉に「関わり」「ゆかり」そして「つながり」もあります。

親戚同士であったり、友人同士であったり、恋人同士であるなど「関わり合い」をあらわします。

またこのような事実を「結びつき」「コネクション」と呼ぶこともあります。

ちなみにコネクションというのは、パソコンの接続システムをしめすIT用語です。

コネクションがないとIT機器やソフトウェアが稼働しないことから「あると便利なもの」の訳として定着するようになりました。

一方で縁(えにし)は、もともとは住宅設備の名前です。

不動産用語では「縁側」「ウッドデッキ」そして「濡れ縁」「くれ縁」という呼び方をします。

古民家にある昔ながらの造りで、住まいを開放的にととのえてくれます。

美しい日本の四季を五感で体感できるため、最近はこうした空間を設ける新築住宅が増えてきています。

まとめ

縁(えにし)の意味と使い方をチェックしました。

縁(えにし)とは、もともとは住宅の外側にある板張りの空間をいいます。

縁側やウッドデッキに近いもので、人と人が集うことからコミュニケーションスペースとして活用されてきました。

そのため縁(えにし)には、関わりやつながりという訳もあります。

色々な日本語を覚えてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典