スポンサーリンク

「繁忙期」と「繁盛期」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「繁忙期」と「繁盛期」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「繁忙期」「繁盛期」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「繁忙期」とは?

「繁忙期」は、仕事が多くて忙しい時期のことです。

「繁忙」には、仕事が多くて忙しいこと、またそのさまという意味があります。

「繁忙」の類語は、多忙、多用、多事などです。

「繁」という漢字には、回数が多い、忙しいという意味があり、「忙」という漢字には、いそがしい、せわしいという意味があります。

「繁忙」「煩忙」と書くこともあります。

「煩」という漢字には、わずらわしい、わずらうという意味があります。

「繁盛期」とは?

「繁盛期」は、賑わい栄えている時期のことです。

類語は、栄える、繁栄などです。

栄えるは、勢いが盛んになることを意味します。

広いことに使われる言葉です。

繁栄も勢いが盛んになることですが、商売に関することには使用されません。

「繁盛期」は、主に商売に使われる言葉です。

「盛」という漢字には、さかん、勢いが強いという意味があります。

「繁忙期」と「繁盛期」の違い

「繁忙期」は、忙しい時期のことです。

「繁盛期」は、栄えている時期のことです。

仕事が順調に進み、収入が多くなった時期などを「繁盛期」といいます。

忙しいから栄えているとは限りません。

また、栄えているからといって、仕事が忙しいとは限りません。

まとめ

どちらの言葉も主に商売に関して使用される言葉ですが、「繁忙期」は忙しい時期、「繁盛期」は栄えている時期と、意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典