スポンサーリンク

「羊」と「綿羊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「羊」と「綿羊」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「羊」「綿羊」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「羊」とは?

「羊(ひつじ)」とは、「ウシ科ヤギ亜科ヒツジ属に分類される草食動物で、モコモコとした毛を持ち温厚でおとなしく臆病な性格をしている集団行動をする動物」のことです。

「羊」というのは、「ウール(羊毛)・食肉(ラム・マトン)として利用されることが多い動物・家畜」なのです。

「綿羊」とは?

「綿羊(めんよう)」とは、「ウシ科ヤギ亜科ヒツジ属に分類される羊の中でも、毛を刈り取ってウールとして利用するための羊」のことです。

家畜としての「羊」は大きく、「ラム・マトンなどの羊肉として利用される肉用種」「モコモコした毛をウールとして利用する綿羊」に分けることができるのです。

「羊」と「綿羊」の違い!

「羊」「綿羊」の違いを、分かりやすく解説します。

「羊」「綿羊」はどちらも「ウシ科ヤギ亜科ヒツジ属に分類される動物」を意味している点では同じですが、「羊」には「ラム・マトンなどの食肉用で飼われている羊」「モコモコした毛を刈り取ってウールにするために飼われている羊」がいます。

「綿羊」というのは、「羊」の中でも後者の「モコモコした毛を刈り取ってウール(防寒性能のある衣料品)として利用するために飼われている羊」のことだけを意味している違いがあるのです。

まとめ

「羊」「綿羊」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「羊」とは「ウシ科ヤギ亜科ヒツジ属に分類されるモコモコとした毛を持っていて、ウール・食肉として利用されることが多い動物・家畜」を意味していて、「綿羊」「羊の中でも食肉用ではなく、毛を刈り取ってウールとして利用されている家畜の動物」を意味している違いがあります。

「羊」「綿羊」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典