スポンサーリンク

「美点」と「長所」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「美点」と「長所」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「美点」「長所」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「美点」とは?

よいと思われる点という意味があります。

「美」という漢字は、美人、優美などの使い方をし、うつくしい、きれいという意味がありますが、その他にもよいすぐれているという意味も持っています。

「美点」という場合は、うつくしいという意味ではなく、すぐれているという意味で使われています。

何をすぐれている、よいと感じるかは人によって異なります。

また、状況によっても異なります。

ファンデーションのことで考えてみます。

ファンデーションが崩れる、マスクに付着すると悩んでいる人は少なくありません。

あるファンデーションは、崩れにくく、マスクに付着しにくい特徴を持っています。

悩みを抱えていた人にとっては、うれしい特徴です。

これらは、このファンデーションの「美点」といえるでしょう。

「美点」の使い方

よいところという意味で使用をします。

「美」という漢字が使用されていますが、美しいことを指して使用するのではありません。

「長所」とは?

すぐれているところという意味があります。

「長」は長身、長期といった使い方をし、ながいという意味を持っていますが、それ以外にもすぐれているという意味があります。

「長所」という場合は、すぐれているという意味で使われています。

ある人はチャレンジ精神旺盛です。

どんなこともまずやってみることは、いい点と評価することができます。

たとえば、スポーツの場合だと、自分から攻めていかないと得点につながりにくいです。

チャレンジ精神が旺盛な人は、どんどん自分から攻めていけることでしょう。

しかし、チャレンジ精神が旺盛は無謀ということもできます。

結果を深く考えずに行動をしてしまうと、思わぬ怪我をする可能性があります。

そう考えるとよい点とはいえないかもしれません。

すぐれているところやよいところは、見方を変えると悪い点になることもあるのです。

「長所」の使い方

性能や性質について使うことが多いです。

人間にも事柄にも使用できます。

ながいという意味を持つ漢字の「長」が使用されていますが、ながいところという意味ではありません。

「美点」と「長所」の違い

どちらの言葉も同じ意味です。

使い方も似ていて、人間やある事柄に使用をします。

後者の言葉は、とくに人間の性質や能力について使うことが多いです。

「美点」の例文

・『美点を3つあげてください』

・『常に変わらないところが美点だ』

・『会話をしてみて、その人の美点に気が付いた』

・『この製品ならではの美点だ』

「長所」の例文

・『各人の長所をいかす』

・『自分の長所を10個あげてください』

・『人に指摘されて初めて自分の長所に気がついた』

・『長所だけをみるようにする』

まとめ

2つの言葉は同じ意味を持っています。

しかし、使い方に若干の違いがあり、「長所」は特に人間の性質や能力について使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典