スポンサーリンク

「義理堅い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「義理堅い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人柄をあらわす言葉は、いくつかあります。

この記事では、「義理堅い」の意味を分かりやすく説明していきます。

知識を増やして、人付き合いに役立てていきましょう。

スポンサーリンク

「義理堅い」とは?意味

義理堅い(ぎりがたい)とは、人付き合いがマメで何事にも一生懸命なこと。

責任感のある、大人な振る舞いができる人をあらわします。

褒め言葉として用いるフレーズです。

義理堅いというのは、他人への気遣いを忘れないこと。

「周囲の人に支えてもらっていること」に感謝しつつ、誠実に生きていくことです。

挨拶がきちんとできる。

何かしてもらったら「ありがとう」という。

悪いことをしたら「ごめんなさい」と素直に言う。

このような行動も「義理堅い」に含まれます。

人として当たり前のこと、倫理感に基づいて行動できることが義理堅いになります。

人と人の距離が近かった時代では、誰もが義理堅い生き方をしていたもの。

けれども価値観が多様になった現代では「義理堅い」という言葉さえも、化石化しています。

人は誰しも1人で生きることはできません。

充実した日々を生きるためにも、義理堅い生き方を目指すことが大切になっています。

「義理堅い」の概要

義理堅いとは「義理が堅い」と書きます。

そもそも「義理」というのは、江戸時代に生まれた考え方。

社会で生きていくために、守らなければいけないルールのことです。

武士や庶民の間で「人として身に付けておきたい教養のひとつ」として「義理」が唱えられるようになっていきました。

また義理と聞いて思い浮かぶのが「義理人情」というフレーズです。

義理人情とは「他人に対する思いやりや情け」のこと。

人間関係を潤沢にするための、魔法の言葉です。

義理人情は威勢のいい「江戸っ子の心得」としても知られています。

当時、金銭的にどんなに貧しかったとしても忘れてはいけない掟が「義理と人情」です。

当時の江戸っ子を見習いながら、心だけは裕福に、そして義理堅い人になりたいものです。

「義理堅い」の言葉の使い方や使われ方

義理堅いの使われ方には、次のようなシーンがあります。

・義理堅い兄は、いつも多くの人から慕われていた。

・彼はどんな人に対しても腰が低く、義理堅い対応をしている。

・墓参りをするたびに、周囲に対して義理堅い父を思い出す。

義理堅いというのは、人に対する思いやりや気配りを欠かさないことです。

恩を受けたら受けっぱなしにせず、きっちり返せる人を指します。

「義理堅い」の類語や言いかえ

「義理堅い」の類義語には、次のような言葉があります。

・謹厳実直
・情け深い
・義理人情にあつい
・誠実な人柄
いずれも情に厚く、他人を大切にできる温かみのある人を指します。

謹厳実直(きんげんじっちょく)とは、慎み深くまじめな人のことです。

まとめ

「義理堅い」の正しい意味と概要、類語などについてお伝えしました。

受けた恩を決して忘れず、大人の行動を取れることを「義理堅い」といいます。

誰かに施したおこないは、いずれ自分のもとに戻ってきます。

義理と人情を大切にしながら、温かみのあるお付き合いを目指していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典