スポンサーリンク

「考察」と「考え」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「考察」と「考え」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

物事を明らかにする時や研究のテーマを調べる時には、色々な思考パターンがあります。

「考察」「考え」はスタンダードなものですが、勉強や研究、会議する際にはこれらを元にして発言をしたり議論が進みます。

この記事では、「考察」「考え」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「考察」とは?

「考察」とは物事を明らかにするという行為や考え方を表す言葉であり、特に一回だけの行為だけではなく複数回行われることが多いのが特徴です。

「考察」は単純にその場で思いつたことを示すのではなく、客観的な視点、明確な根拠、より深く知ろうとする意志などが含まれており、学術的な分野から会議まで幅広くもとめられるものとなっています。

「考察」は1人でも複数人でもすることが可能であり、例えば文学作品や漫画作品などを考察してそれをクラスやサービスなどで話し合い「考察」を深めることも可能です。

客観的な視点やデータを用いて物事を明らかにするという意志があるのが特徴なので、これはインターネット上の掲示板やSNSでも行われることがあります。

「考察」の類義語としては「推察」がありますが、こちらは物事を推定するという行為であり主観的な意見が入るのが特徴です。

「考察」は客観的な視点に基づくために「推察」は反対の意味の言葉となります。

「考え」とは?

「考え」とは言葉の通り考えることや、考えた結果得た結論、意見、決断を表す言葉です。

幅広い意味で使われることが多く、ぱっとした思いつきからある程度まとまった思考や決断まで色々な場面で使用することが可能です。

「考え」は英語で“thought”“thinking”“idea”などがあり、ひらめきという意味でも使えます。

「考察」と「考え」の違い

「考察」は物事を明らかにするという意志があり、それに対して客観的な視点やデータや根拠を用いるという点が特徴です。

考察は1人でも複数人でもすることが可能ですし、より深い視点を手に入れるために何度も考察を重ねることも可能です。

「考え」は単純に考えることを意味する言葉ですが、こちらはひらめきのような一瞬の場面で発現するものから、ある程度まとまった意見や結論など幅広く使うことが可能です。

「考察」の例文

・『歴史ドラマの考察班がとてもいい仕事をしていたので、物凄く深みのある作品になっており感動した』
・『友人とアニメの背景を考察するのはとても楽しいものだ』

「考え」の例文

・『将来の夢という作文の内容に関して考えを巡らしている』
・『身体の調子が悪いとどうも考えがまとまらない気がする』

まとめ

「考察」は客観的な視点やデータを用いて深く思考する行為を表す言葉です。

一回だけではなく何度も考察を重ねることで理解も深くなるので、「考察」は研究や会議ではとても大切な行為となります。

「考え」はより簡単な思考でありひらめきでもあるので、こちらも日々行うことで「考察」の糧とすることが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典