「肝試し」と「お化け屋敷」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「肝試し」と「お化け屋敷」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「肝試し」「お化け屋敷」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「肝試し」とは?

「肝試し」の意味と概要について紹介します。

「肝試し」の意味

「肝試し」「きもだめし」と読みます。

意味は、「人をわざと怖い場所に行かせて、どれくらい恐怖に耐えられるかを試すこと」です。

「肝試し」の概要

「肝試し」は、人をわざと怖い場所に行かせて、どれくらい怖がるか、ミッションを達成できるかなどを試すことを言います。

業者が運営することもあれば、学校やサークルなどのイベントで行うこともあります。

基本的に、夜の学校やお寺、墓地など、暗くて恐怖を感じる場所を選び、1人またはペアで指定された場所まで行って戻ってくるというものです。

怖がらずに行って戻ってきたという証明の為に、目的地でお札を取ってくるなどミッションを設定することもあります。

「お化け屋敷」とは?

「お化け屋敷」の意味と概要について紹介します。

「お化け屋敷」の意味

「お化け屋敷」「おばけやしき」と読みます。

意味は、「お化けを演じるスタッフがいて、人が歩いて来ると脅かす仕掛けのある建物」のことです。

「お化け屋敷」の概要

「お化け屋敷」は、お化けに扮したスタッフが、歩いてきたお客に対して様々な仕掛けをして、脅かしたり怖がらせる場所のことを言います。

商業目的で遊園地などに設置されることが多くなりますが、中には学校の文化祭などの催し物として作られることもあります。

中に入ってくるのはお客で、有料・無料であり、怖がることを期待して来ます。

「肝試し」と「お化け屋敷」の違い!

「肝試し」「怖い場所に行き、恐怖を体験すること」です。

「お化け屋敷」は、「お化けに扮した人がいる建物のこと」です。

まとめ

今回は「肝試し」「お化け屋敷」の違いをお伝えしました。

「肝試しは怖い場所」「お化け屋敷はお化けに扮する人がいる建物」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典