スポンサーリンク

「背伸びをする」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「背伸びをする」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「背伸びをする」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「背伸びをする」とは?意味

「背伸びをする」には2つの意味があります。

ひとつは、体をまっすぐにして、できるだけ体を上に持ち上げるようにすることです。

両脚を地面につけた状態でまっすぐに立ちます。

この状態から両手を組んで手を上に伸ばしていきます。

手が天井につくように、ぐっと伸ばします。

背筋は曲がってはいけません。

このような姿勢を意味します。

つま先で立つ姿勢も、この言葉が意味するものです。

もう一つは、実際の自分よりも大きく見せようとすること、実際の実力以上のことをしようとすることです。

絶対に無理だと思うことをするという意味ではなく、ちょっとこれならできそうだということをやってみることです。

挑戦という意味合いではなく、実際よりも大きく見せることを意味します。

大きくとは、体の面積などのことではありません。

「背伸びをする」の概要

疲れているとき、体が凝り固まっているときに、この姿勢をとることがよくあります。

長時間デスクワークをしていると、肩、背中、腰などが凝り固まってきます。

長時間同じ姿勢をして、筋肉をほとんど動かさないことが原因です。

体が凝り固まったようになると血流が悪くなってしまい、この状態が続くと疲労感が強くなります。

凝り固まった体をほぐすためには動くことが効果的です。

仕事中でも簡単にできるものが背伸びです。

体をまっすぐにして、背がぐぐっと伸びるようなイメージで頭上に向かって伸ばしていきます。

この姿勢を意味します。

また、少しでも身長を高く見せたいときにもこの姿勢をとります。

つま先立ちをすると、わずかにながら身長が高く見えます。

つま先で立って、背筋をまっすぐにした姿勢が、この言葉が意味するものです。

実力以上のことをする、実際の自分よりも大きく見せるという意味もあります。

ブラックコーヒーを飲めるのは大人だと思っている子どもは少なくないようです。

子どもは苦いものが苦手ですが、大人になると苦いものをおいしく感じられるようになります。

そのため、ブラックコーヒーを飲めることは大人だと思うのでしょう。

実際は子どもです。

しかし、大人のようになりたいために、本当は苦手なコーヒーを飲む。

このようなことを「背伸びをする」といいます。

「背伸びをする」の言葉の使い方や使われ方

背筋を伸ばす姿勢や、実際よりも大きく見せることを指して使用をします。

姿勢の話であれは背筋を伸ばす意味で使っており、どちらの意味で使っているのか見わけることができます。

「背伸びをする」の類語や言いかえ

姿勢の意味では「つま先立ち」が似た意味の言葉です。

実際よりも大きく見せるという意味では、「大人のまね」「成長してみる」が似た意味になります。

まとめ

疲れているときにこの姿勢をとることが多いです。

また、実際の自分以上に見せることもこの言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典