スポンサーリンク

「胡乱げに見る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「胡乱げに見る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「胡乱げに見る」の意味を分かりやすく説明していきます。

不確かな言葉を、ひとつずつ学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「胡乱げに見る」とは?意味

「胡乱げに見る」とは、疑わしそうな眼差しをしていること。

にわかに信じがたいような顔つきで、眺めている様子です。

何か隠しているのではないかと思って、怪しむ仕草を「胡乱げに見る」といいます。

「胡乱げに見る」には「胡乱(うろん)」という少し難しい表現が使われています。

胡乱には「正体がわからない、本当かどうか疑わしい」という訳があります。

また「ごたごとしていて、整えられていない」という意味もあります。

つまり物事のつじつまが合わず、おかしいと感じる点が多いことが「胡乱」です。

そのため、疑ってかかることを「胡乱げに見る」といっています。

安心して任せられない人、信用ならない人を見たときに使います。

「胡乱げに見る」の概要

「胡乱げに見る」「胡乱」はモンゴル高原の、民族同士の戦いから生まれた言葉です。

当時は遊牧民族のことを「胡」と呼んでいました。

とある日にこの遊牧民族が村を襲撃したときに、住民たちがとても驚いた様子を見せたことから「胡乱」という言葉が生まれました。

日本でも室町時代の頃には「うさん臭いもの、怪しいもの」「胡乱」と呼んでいたようです。

現在では怪しいものを見る目つきや、不自然な態度のことを「胡乱げに見る」といいます。

また疑いの目を向けられる様子を「胡乱げに見られる」といいます。

火のない所に煙は立たぬというように、何かやましいと感じる点があるからこそ、疑ったり疑われたりするもの。

分かっていても、心穏やかに過ごせない場合もあります。

「胡乱げに見る」の言葉の使い方や使われ方

「胡乱げに見る」はこのように使われています。

・『心のしこりが残っているのか、彼女は胡乱げに見ていた』
・『突然の訪問者を、夫は胡乱げに見た』
・『昨夜の口論のせいか、胡乱げに見られた』
「胡乱げに見る」は信用できない表情をしていること。

そのため不審がるようなシーンで用います。

反対に疑われてしまうときには「胡乱げに見られた」と変化させて使います。

「胡乱げに見る」の類語や言いかえ

「胡乱げに見る」の類語には、このような言葉があります。

・猜疑の目を向ける
・疑いの目で見る
・疑心暗鬼
・群疑満腹
いずれも「怪しい」と思うことです。

疑心暗鬼(ぎしんあんき)は色々なことが鬼に見えてしまうくらい、すべてを疑ってしまうこと。

そして群疑満腹(ぐんぎまんぷく)は、次から次へと疑問がわいてきて、心の収まりがつかない様子です。

まとめ

「胡乱げに見る」の意味と使い方をおさらいしました。

「胡乱げに見る」とは、疑わしい目つきでこちらを見ること。

嘘をついているのではないかと、訝しく思う様子をあらわしています。

同じような言葉に「疑いの目で見る」「疑心暗鬼」などがあります。

知恵のある言葉を知って、豊かな人生を進んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典