スポンサーリンク

「脳内お花畑」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「脳内お花畑」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「脳内お花畑」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「脳内お花畑」の意味

能天気な思考回路、妄想の世界に生きている、考えが浅すぎる、そのような人たちの脳内をイメージした言葉

「脳内お花畑」の解説

「脳内お花畑」とは、頭の中に花が咲いている、花畑が広がっているのではないかと思われるほど、考えが足りない、能天気、妄想の世界に生きている人に使う言葉です。

例えば、恋愛にはまって仕事に身が入っていない、自分の現状を理解できず何も行動していない、現実逃避をしているといった人が「脳内お花畑」状態ということになるでしょう。

「お花畑」という言葉は可愛いイメージがありますが「脳内お花畑」にいい意味はありませんので注意してください。

「脳内お花畑」の使われ方

「脳内お花畑」とは相手をからかったり、どこか馬鹿にして言う言葉ですので本人に直接言う場合は、よほど目にあまるから注意する時、喧嘩になっても構わないといった時になります。

それではいくつか例を紹介しますので参考にしてみてください。

「あの不倫カップル、今は脳内お花畑だから何を言っても無駄だ。

慰謝料請求されなきゃわからないだろう」


「あいつ受験生なのに、あんな脳内お花畑で大丈夫なのか」

「脳内お花畑の連中は放っておけ、俺たちは今の内にしっかり準備して備えておこう」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典