スポンサーリンク

「腕力」と「握力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「腕力」と「握力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「腕力」「握力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「腕力」とは?

「腕力」は腕っぷしの強さを指す言葉で、明確に計測して導き出す力ではありません。

「腕力」とはあくまで比較対象者から見て腕っぷしが強いかどうかしか指し示すことができず、実際どの程度のパワーを秘めているかは計測する必要性はない言葉です。

一応、計測法自体は存在するのですが、「腕力」を図るには重い荷物を何キロまで持ち上げることができるかという計測法になるため非常に危険なため、簡単に計測することができず、まして、腕の力以外を使用して持ち上げるという方法もあるため計測に公平性が無いため、「腕力」があるというのは実力があるという意味合いの言葉に移り変わったのです。

その為、現在では「腕力」は腕っぷしの強さの他実力者であることを指す言葉になりました。

「腕力」の使い方

「腕力」という言葉の使い方は、実力があるもの大して腕っぷしの強さがあることを認めた場合、「腕力がある」とし実力者であるとします。

一方で、実力がない物に対しても「腕力がない」とすれば実力者ではないとすることが可能です。

「握力」とは?

「握力」は物を握りつぶす力になり、測定器で測定することで正しいものを握りつぶす力を測定が可能です。

「腕力」と異なり純粋に計測可能な点が「握力」で鍛え上げることでさらに物を握りつぶす力をつけることができます。

「握力」の使い方

「握力」の使い方は物を握りつぶす場合に使用するため、第3者を脅したり、粉砕する必要性があるものを握りつぶすことで処理をするなど様々な用途で使用します。

脅しに使用する場合は、対象者に対して目の前でものを粉砕することで恐怖を与えるのですが、これらは暴力行為になるため通報対象となります。

「腕力」と「握力」の違い

「腕力」「握力」の違いですが、計測可能であるかそうではないかです。

「腕力」は数字では表すことはできず、周囲が実力者であると認めて初めて「腕力」があるとしますが、「握力」は数字で測ることが可能で鍛えることもできるという違いがあるのです。

まとめ

「腕力」と握力の違いは、数字で示すことができるかどうかと、周囲が認めて初めて実力者であるとするかどうかです。

「腕力」は数字で測ることはできず、周囲が実力者であると認めて初めて「腕力」があるとされますが、その反対も存在します。

そして、「握力」はというと計測器を用いれば測定可能でどの程度物を握りつぶす力があるかを知ることができ、かつ「腕力」と異なり自ら鍛え上げれば握りつぶす力を鍛え上げることができます。

「腕力」も一応測定は可能なのですが、公平性がない計測法が多いため正確性に欠けており、現在では「腕力」という言葉は単に腕っぷしの強さがあるかないかという表現でしか使用されなくなったのです。

逆を言えば、計測法が確立され、腕の持ち上げる力を正確に測ることができれば恐らく「腕力」という言葉は数値で表現が可能な言葉に生まれ変わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典