スポンサーリンク

「自分を取り巻く環境」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自分を取り巻く環境意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自分を取り巻く環境」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自分を取り巻く環境」の意味

自分を取り巻く周囲の様子や環境を意味する言葉

「自分を取り巻く環境」の解説

「自分を取り巻く環境」とは、対象者である自分を周囲や環境が与える影響を意味する言葉です。

「取り巻く」とすることが周囲が対象者に対して与えているであろう影響を示し、より影響を与えている場合、「取り巻く」ではなく「取り囲む」とすることでより強制的に対象者に対して影響を与える文言とします。

「自分を取り巻く環境」の使われ方

「自分を取り巻く環境」の使われ方ですが、「取り巻く」という部分がだれを対象に使われているかが重要なポイントで、この場合、「自分」とあるように対象者は第3者ではなく本人であることです。

本人を対象にし、周囲やその環境が与える影響がどうであるかということを文章から与えることが可能でこの場合。

「自分を取り巻く周囲の環境は決して良い物でなない」と表現した場合、自分の周囲の環境及び周囲のお手本となる人物はろくな人物ではないと読み取れます。

取り巻く環境がどうであるかを記すことでより対象者に対して周囲や環境がどうであるかを記せるのです。

「自分を取り巻く環境」の例文

・『自分を取り巻く環境が悪いが故危険が及ぶ』
この例文の解釈は、対象者である自己が取り巻く周囲やその環境が悪いことで自らに危険が及ぶということを周囲に述べていると解釈します。

「取り巻く環境」がどうであるかを記載することにより、より詳しく対象者の内情を知るのでこの言葉を用いる場合、「取り巻く環境」がどうであるかを記すことが重要です。

・『この映画は自分を取り巻く環境の日常を記した映画である』
この言葉を解釈した場合、何をもって自分の環境や周囲を示しているかに着目します。

この言葉の場合、着目すべきは「日常」という言葉になり対象者の「日常」を中心に環境をテーマに映画が作られているという解釈です。

・『自分を取り囲む環境は常に閉塞感がある』
この言葉を解釈した場合、「取り巻く」から「取り囲む」という言葉に変化している点にまず着目します。

「取り囲む」「取り巻く」という言葉と比較した場合、閉塞感を与え、強制を意味する言葉に用いることが可能です。

その為、この言葉の解釈は自分の周りの人物や環境は決して良い物ではなく強い閉塞感がある生活を強要していると解釈します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典