スポンサーリンク

「自動ログアウト」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自動ログアウト」とは?IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自動ログアウト」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自動ログアウト」とは?意味

「自動ログアウト」とは、「自分で操作しなくても自動的に(勝手に)ログアウトする機能」を意味しています。

「自動ログアウト」というのは、「ウェブサービスやオンラインゲームにログインした後に、一定時間が経過すると自動でログアウトすること」を意味しているIT用語なのです。

「自動ログアウト」してしまった場合には、もう一度「ID(アカウント)+パスワード」などをフォームに打ち込んで、ログインし直さないとそのウェブサービスやゲームを利用することはできません。

「自動ログアウト」の概要

「自動ログアウト」というIT用語は、「自動」「ログアウト」という言葉を組み合わせたものです。

「自動」という言葉は、「意図的に何かをしなくてもひとりでに動くこと、特別に操作しなくてもそれそのものが勝手に動くさま」を意味しています。

「ログアウト」というのは、「特定のウェブサービスなどを利用できるログインした状態から離脱すること(=そのウェブサービスを利用できない状態になること)」を示しているIT用語になります。

「ログアウト」の対義語が「ログイン」になります。

「自動ログアウト」する大きな理由は、「セキュリティー維持のため(他人に勝手に自分のIDでサービスを使われないため)」です。

もう一つの理由は、「ゲームなどにおけるサーバー資源の節約のため」になります。

「自動ログアウト」の言葉の使い方や使われ方

「自動ログアウト」の言葉は、「ログインしているウェブサービスなどから、一定時間が経った後、何もしなくてもひとりでにログアウト(利用不可の状態に移行)すること」を意味して使うことができます。

「自動ログアウト」というのは、「セキュリティー確保やサーバー資源の節約のために、操作しないまま一定時間が経つと勝手にログアウトする仕様」を示唆して使われているIT用語なのです。

「自動ログアウト」を使った例文(使用例)

・『電話をしていたら、銀行のサイトから自動ログアウトしていたので、もう一度アカウントとパスワードを打ち込んでログインしなおしました。』

・『自動ログアウトする仕様は不便で面倒くさいと感じることも多いのですが、いつまでもログイン状態が続くと他人に悪用されるリスクが高まる道理も分かります。』

・『最近はオンラインゲームでも何も操作しないまま放置していると、一定時間が経った後に自動ログアウトするゲームが増えてきています。』

まとめ

この記事では、「自動ログアウト」というIT用語の意味・概要を説明して、使い方・例文を紹介しました。

「自動ログアウト」というのは、「ログインしたウェブサービスなどから、ある設定時間が過ぎた時などに自動的にログアウトすること」を示している言葉です。

「自動ログアウト」のIT用語について詳しくリサーチしたいときは、この記事の内容を確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典