スポンサーリンク

「自問自答」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自問自答」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自問自答」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自問自答」とは?意味

「自問自答」【じもんじとう】とは、自分に問いかけたことに対し、自分で答えるという意味があります。

今やっていることが本当に自分にとって必要なことなのか、意味のあることか問いただして、やるべきか、やらなくてもいいかを問うわけです。

自分でやっていることがはたして良いのか、悪いことなのか悩むとき、人は一度自分の心に問いかけてみて、冷静に判断できる状態にします。

そして、本当にやってみてもいいのであれば実行に移し、最後まで頑張ってやってみて、また途中で「大丈夫かな」と不安を感じれば「自問自答」して疑問を拭い去り、乗り越えていくわけです。

「自問自答」の概要

納得がいかないと思うとき、自分へ疑問を投げかけて答えを探るという意味がある「自問自答」は、いろいろなことを考えて、どうしたらいいのか、どうすればその疑問は解決できるのか思い悩むことを言い表す言葉です。

口には出さず、自分の心の中に尋問するかのように問いかけ、本当に合っている答えを聞きただします。

しかし、一度聞いただけではなかなか答えを見つけられないので、何度も問いただしては本当の答えを探すのが「自問自答」の意味になるわけです。

過去を振り返り、今を見つめ直すという意味もあり、自分がやってきたことを一度振り返ってみて、悪いことがあれば見直し、これからはいいことをしていけるよう努力するという意味があります。

「自問自答」の言葉の使い方や使われ方

本当に今やっていることは間違っていないか悩んだとき、自分に「このまま作業を続けていいのか」と問いただすことでもう一人の自分がその行為はやってもいいと感じれば実行するときに使う言葉です。

「自問自答して答えを導き出す」と言うように、発言したことは間違っていないか、人に見せた行動は本当に合っているかなど、自分のやっていることに対して大丈夫かと不安になったとき今一度自分のやったことを振り返り、間違っていないか確認するときに使われています。

類義語には「沈思黙考」【ちんしもっこう】があり、物事を振り返り、静かに深く考えて実行するさまという意味があります。

「自問自答」を使った例文

・より素晴らしい自分を目指すなら「自問自答」すべきだ。

「自問自答」してみることが人生の悩みを解決する一番の近道だ。

・暴走しやすい私はときおり「自問自答」して冷静になるよう心がけている。

自分がいまいちいい人間ではないと思ったときは、素晴らしい人に生まれ変われるように自分はどこが駄目なのか、どうすれば人に優しく、素敵な人間になれるのか問いかけてみることも必要です。

また、人生につまずいてしまうなら、どのようなことで悩み、苦しんでいるのか問いただし、悪い部分があれば改善する方法を見つけてみましょう。

そして、すぐに自分勝手に物事を考えて突き進んでしまうなら自分に胸を当ててみて、冷静になるよう「自問自答」するのも大切なことです。

まとめ

本当にこれでよかったのかと疑問に感じたときは、自分に問いただしてみて、いけないのであれば他の道を考えたり、自分の愚かな部分を見直すことが「自問自答」の意味になります。

繰り返し「自問自答」することで本当の自分はどのような人間なのかわかるようになりますし、解決策もおのずと見出せるようになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典