スポンサーリンク

「自己憐憫」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自己憐憫」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自己憐憫」の意味を分かりやすく説明していきます。

「自己憐憫」にはどのような意味があり、どのような使われ方をするでしょうか。

スポンサーリンク

「自己憐憫」とは?意味

「自己憐憫」「じこれんびん」と読みます。

「自己憐憫」「自分を憐み、可哀そうに思うこと」という意味があります。

世の中にはたくさんな人がいますが、中でも、自分は特に可哀そうな存在だと思い、憐れむようなとき、「自己憐憫」という言葉を使うことができます。

まるで、自分のことを悲劇のヒロイン、またはヒーローのように思い、自分だけが可哀そうで、世の中の被害者のようにふるまう人を見た場合、「自己憐憫」という言葉を使ってみましょう。

「自己憐憫」の概要

「自己憐憫」は、自分を憐みの対象として見て、可哀そうに思うことを意味します。

幼少期にトラウマになるような出来事が起こった人は、心に傷を抱えたまま大きくなります。

いつまでも、自分が可哀そうに思えるような出来事を引きずったまま大人になると、「自己憐憫」を持つ可能性があります。

また、ネガティブな性格の人も、「自己憐憫」に陥りやすい傾向があります。

明るい性格の人は、いつまでも、自分のことが可哀そうなどと思い続けることができず、放って置いても前向きな行動に出るはずです。

しかし、暗い性格の人、ネガティブな人は、自分を憐み続けることができます。

また、性格的に甘えがある人も、「自己憐憫」を持ちやすい傾向があります。

自分が可哀そうだと周囲の人にアピールし、かまってもらったり、なぐさめてもらうことに快感を覚えるタイプの人です。

「自己憐憫」の言葉の使い方や使われ方

「自己憐憫」には、自分を可哀そうに思うことという意味があります。

あなたの周囲にも、自分を悲劇のヒロイン、ヒーローのように思う人がいるかもしれません。

このような人とは、付き合いにくいと感じる人が多そうです。

そのため、「自己憐憫の強いタイプの人とは、友達になれない」という文章にできます。

また、被害者意識が強い人は、「自己憐憫」を持ちやすい傾向があります。

そのため、「被害者意識と自己憐憫は、セットかもしれない」などという文章を作ることができます。

「自己憐憫」の類語や言いかえ

「自己憐憫」の類語に、「自己否定(じこひてい)」があります。

「自己否定」には、「自分を肯定しないこと」という意味があり、自分の存在を否定するような考え方をする人を意味します。

また「自己卑下(じこひげ)」も、「自己憐憫」に似た言葉になります。

「自己卑下」には「自分を貶めるような考え方」という意味があります。

「自己否定」「自己卑下」をする人は、自分の価値を誰よりも低く見てしまい、建設的な活動をするのが難しい傾向があります。

まとめ

「自己憐憫」という言葉について見てきました。

自分を誰よりも可哀そうに思うタイプの人を見た時、「自己憐憫」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典