スポンサーリンク

「自衛隊」と「自衛官」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自衛隊」と「自衛官」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自衛隊」「自衛官」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自衛隊」とは?

「自衛隊」は、日本の防衛組織です。

国の行政機関の一つである防衛省に属し、日本の平和と安全を守ることを任務としています。

「自衛隊」は、陸上・海上・航空の三自衛隊からなっています。

陸上自衛隊は陸上に関して、海上自衛隊は海上に関して、航空自衛隊は航空に関して任務にあたっています。

「自衛」とは、自分の力で守ることです。

「隊」は、集まり、組織を意味します。

つまり、「自衛隊」は日本の自分の力で日本国を守る組織ということになります。

「自衛官」とは?

防衛省職員のほとんどは、特別職国家公務員としての自衛隊員です。

自衛隊員は、事務官や次官などの文民と、陸上・海上・航空の各自衛隊からなっています。

そのうち、制服を着用し、武器を持って戦うものの総称を「自衛官」といいます。

採用された後に、教育部隊や学校などで教育を受け、希望や適性などを考慮して配属されます。

「自衛隊」と「自衛官」の違い

「自衛隊」は、防衛省に属し、日本の平和や安全を守ることを任務としている組織です。

一人を指すのではなく、「隊」つまり集団を意味します。

「自衛官」は、防衛省職員のうち、制服を着用し、武器を持って戦うもののことを意味します。

組織ではなく、一人ひとりに対して使われる言葉です。

まとめ

どちらも防衛省に属していますが、「自衛隊」「自衛官」は意味するものが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典