スポンサーリンク

「色眼鏡」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「色眼鏡」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「色眼鏡」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「色眼鏡」とは?意味

「色眼鏡」には2つの意味があります。

ひとつは、色がついたレンズをはめた眼鏡のことです。

近視・遠視などの人がかける一般的な眼鏡は、レンズが透明です。

これとは別に、レンズが茶色、ピンク、ブルーなどの色をしているものがあります。

サングラスなどがこれにあたります。

もう一つの意味は、偏ったものの見方、前もって抱いている動かない観念によるものの見方です。

不公平・不公正な見方、先入観にとらわれた見方を意味します。

「色眼鏡」の概要

色がついた眼鏡をかけると、普段とは世界が違ってみえます。

よく熟したリンゴは赤い色をしていますが、青いレンズの眼鏡をかけて見ると、青っぽく見えます。

自分が青く見えるからと、リンゴは青いものだと思ってしまうのです。

しかし、眼鏡をはずせばそうでなかったことがわかります。

このように、人間は自分の考えにとらわれて物事を見てしまうことがあります。

おにぎりを販売する専門店のことで説明をします。

今、仮に日本がおにぎりブームだったとします。

ちまたでは、おにぎり専門店が相次いで出店をしています。

多くの店は日本人が経営をしていますが、ある店は外国人が経営をしています。

米よりもパンを食べる頻度が多い外国人が経営している店です。

日本人からすると「普段お米を食べない人がおにぎり?」「外国人がおにぎりを上手に作れるの?」など考えてしまうことでしょう。

しかし、これは偏った味方です。

外国人だからこう、米を食べる習慣がないからこうと、偏った味方をしています。

固定観念にとらわれて物事を見てしまっているのです。

実際におにぎりを食べてみたら、日本人が作るものよりもおいしいかもしれません。

人種に関係なく、おにぎりを食べたり作ったりすることはできます。

色がついた眼鏡で物事を見ると、自分がこうであるという見方をしてしまいがちですが、眼鏡をはずすと違ったものが見えてきます。

「色眼鏡」の言葉の使い方や使われ方

偏った味方という意味で使うことが多いです。

不公平・不公正な考えをし、それによってものを見ることをいいます。

レンズに色がついている眼鏡の意味でも使うことがあります。

眼鏡の色はさまざまあります。

この場合、眼鏡屋で使うことが多いです。

「色眼鏡」の類語や言いかえ

「先入観」が似た意味を持つ言葉です。

先入観とは、あらかじめ持っている、一定で変化しない考えのことをいいます。

何かに接する前に持っている考えのことです。

たとえば、昆虫を食べたことがないのにおいしくないと思うことは、先入観を持っているといえます。

実際食べて見たらおいしいかもしれません。

まとめ

レンズに色がついている眼鏡をかけると、世界がその色に染まって見えます。

その色に見えるからといって、それが正しいとは限りません。

そういった偏った味方をこの言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典