「花」と「華」の違いとは?英語での違いも分かりやすく徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「花」とは?

「花」という言葉は、毎日のように目にする言葉です。

また口に出して使っている人も多いでしょう。

「花」には、どのような意味があるでしょうか。

「花」の基本的な意味として「咲いて実を結ぶ器官」という意味があります。

植物の「花」がなぜ咲くかといえば、人々の目を楽しませるためでなく、実を結び、子孫を後の時代に残していくためです。

このように「花」という言葉には、植物の生殖器官の一部という意味があります。

「華」とは?

一方で「華」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「華」には、「派手で華やかな事」という意味があります。

さらに「輝き」「光」「優れて美しい物」などの意味があります。

「栄華」「豪華」などの言葉には「華」が含まれていますが、どの言葉も派手で華やかな印象のある言葉になっています。

また「花」そのものを意味する事もあります。

「華道」がそれで、「華道」で扱うのは、本物の「花」になります。

「花」と「華」の違い

「花」「華」という言葉を、きちんと使い分ける事ができるでしょうか。

この二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「花」には「咲いて実を結ぶ器官」という基本的な意味に加えて、「美しいこと」「華やかなこと」を意味することもあります。

「青春時代は、人生の花」という時、「青春時代は、人生の中でも華やかな時期だ」という意味になります。

また「華」には「派手なこと」「華やかなこと」という意味がありますが、「華道」「華」「花」の意味があります。

このように「花」「華」は、それぞれの基本的な意味を持ちながら、お互いの言葉の意味も共有しています。

そこで、「花」「咲いて実を結ぶ器官」「華」「派手なこと」という意味の違いを押さえつつ、共通の意味を持つ事を覚えておきましょう。

「花」を使用の言葉の例

「花」を使用した言葉の例を紹介します。

「花」を使った例文を見て行きましょう。

「今年の春も、美しい『花』が咲いた」

この例文に登場する「花」は桜の花の事を意味します。

このように「花」というだけで、桜を意味するくらい、日本人は桜を愛しているのでしょう。

「火事と喧嘩は江戸の花」

この例文の「花」「華」と同じ意味を持ちます。

「華やか」「派手なこと」「花」という言葉で表現しています。

「華」を使用の言葉の例

「華」を使った言葉の例を見て行きましょう。

「華」という言葉を使った文章を紹介します。

「彼女には他の女性にはない『華』がある」

この例文に登場するような女性を見たことが、あるかもしれません。

華やかで派手な印象があり、たくさんの人の中にいても埋もれずに、自らが輝きを放つような女性は「華」があると言われます。

「『華』のある、美しい都」

この例文のように、人だけでなく、その他の物事にも「華」という言葉が使われることがあります。

例えば都市全体にも「華」があると言われることがあります。

フランスのパリや、オーストリアのウィーンなどは、「華」を感じる街と言われています。

「花」の英語

「花」という言葉を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「花」は英語にすると、“flower”(フラワー)、“bloom”(ブルーム)、“blossom”(ブラッサム)などの言葉になります。

「花」は英語圏の人々にも、とても愛されているため、たくさんの英語表現があるのでしょう。

「華」の英語

「華」という言葉を英語にした時も“flower”など、「花」を英語にした言葉を使うことが多くなっています。

また「華やかな」という形容詞を英語にすると“splendid”(スプレンディッド)”、“glorious”(グローリアス)”などの英語になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典