スポンサーリンク

「花火」と「煙火」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「花火」と「煙火」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どちらも「火」に関連するイメージがありますが、「花火」「煙火」の違いを知っていますか。

この記事では、「花火」「煙火」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「花火」とは?

「花火」は、火薬や発色剤などを混ぜたものを筒や玉などに詰め、点火して破裂・燃焼させ、色彩の美しさを楽しむものです。

打ち上げ花火、仕掛け花火、線香花火やロケット花火などのおもちゃ花火など、さまざまな種類があります。

「花火」は夏の季語です。

夏に花火大会を行う地域が少なくありません。

「煙火」とは?

「煙火」には3つの意味があります。

1つめは煙と火のこと、または炊事の煙のことです。

煙とは、物が燃えるときに立ち上るもの、かまどから立ち上るもの、霞や水蒸気がものが燃えるときに立ち上るものと同じような状態になったもののことを指します。

2つめはのろしのことです。

のろしとは、合図や警報のために薪や火薬などを用いて高くあげる煙のことを指します。

3つめは花火のことです。

「花火」と「煙火」の違い

「花火」「煙火」には、火薬や発色剤を混ぜ合わせたものを筒や玉に詰めて、点火して破裂・燃焼させ、色彩の美しさを楽しむものという同じ意味があります。

「煙火」には「花火」にはない意味も含まれており、煙と火のこと、のろしのことも意味します。

まとめ

「花火」「煙火」は同じものを指す場合がありますが、「煙火」には3つの意味があり、「花火」とは異なる意味も含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典