「芳醇」と「豊潤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「芳醇」と「豊潤」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「芳醇」「豊潤」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「芳醇」とは?

「芳醇」とは、良い香りがして潤いがあることという意味と、酒の香りが高く味が良いという意味があります。

「芳醇なパウンドケーキ」などと言いますと、ブランデーなど洋酒の香りが高く、味の良いケーキといった意味になるわけです。

「豊潤」とは?

「豊潤」とは豊かで潤いのあること、豊かで、甘い液などがたっぷりとあり、みずみずしいことという意味になります。

「豊潤な果実」「あのあたりは、豊潤な土地として知られている」などと、使います。

「芳醇」と「豊潤」の違い!

「芳醇」「豊潤」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも「ほうじゅん」と読みます。

意味は違いますので混同しないようにしましょう。

「芳醇」とは香りが良く美味といった意味になります。

特に酒の香りが高いといった意味で使います。

一方の「豊潤」とは豊かで潤いがあるという意味になります。

甘い液がたっぷりでみずみずしいといった意味もありますので、土地、果物などを表す際に使います。

簡単に覚えるならば「芳醇は香りが良く、美味」「豊潤は豊かで潤いがある、甘くみずみずしい」となります。

また「酒に関しては、芳醇」といった覚え方もいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「芳醇」「豊潤」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも読みかたは同じですが、意味が違います。

正しい意味を理解して、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典