スポンサーリンク

「若い」と「うら若い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「若い」と「うら若い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「若い」「うら若い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「若い」とは?

「若い」「わかい」と読み、意味は数多くありますが、以下の通りです。

1つ目は「うまれてから年数が経っていない状態」という意味で、年齢が低い様子を言います。

2つ目は「草木などが生えだしたばかりの時期」という意味で、草木が発芽したばかりだったり、これから成長していく様子を言います。

3つ目は「他の人に比較して年齢が低いこと」という意味で、人と比較した年齢の度合いを言います。

4つ目は「生き生きとしている様子」という意味で、年齢を経ていても衰えずに生気に満ちている様子を言います。

5つ目は「経験が少なく未熟であること」という意味で、世間に慣れていない様子を言います。

上記に共通するのは「年数が経っていない」という意味です。

「若い」の使い方

「若い」「うまれてから年数が経っていない状態」「草木などが生えだしたばかりの時期」「他の人に比較して年齢が低いこと」「生き生きとしている様子」「経験が少なく未熟であること」などの意味で使われます。

形容詞として使われ、名詞形は「若さ」になります。

基本的に、見た目や考え方が生き生きとしていて、大人として日が浅く見える様子に使われる言葉です。

「うら若い」とは?

「うら若い」の意味は以下の通りです。

1つ目は「主に女性が華憐で初々しい様子」という意味で、女性が成熟しておらず、初々しく見える様子を言います。

2つ目は「草木の先端がみずみずしい様子」という意味で、草木の先まで栄養が行き渡っている様子を言います。

上記に共通するのは「新鮮である」という意味です。

「うら」「草木の末端」「心でそう感じること」という意味、「うら若い」「末端が若い」「心で若いと感じる」になります。

「うら若い」の使い方

「うら若い」「主に女性が華憐で初々しい様子」「草木の先端がみずみずしい様子」という意味で使われます。

形容詞として使われ、名詞形は「うら若さ」になります。

基本的に、日常で使う場合には心の中で若いなあと感じる様子を表す言葉です。

「若い」と「うら若い」の違い

「若い」「見た目や考え方が生き生きとしていて、大人として日が浅く見える様子」という意味です。

「うら若い」「日常で使う場合、心の中で若いなあと感じる様子」という意味です。

「若い」の例文

・『若い頃はかなりやんちゃだった』

・『若い女性に声をかけられてどきどきした』

・『これから成長する若い芽を摘まない様にする』

・『上司は気持ちが若く、旅行が趣味だそうだ』

「うら若い」の例文

・『うら若い女性が大勢集まっている』

・『剪定の際にはうら若い枝葉は残しておきたい』

・『うら若い乙女に乱暴な言葉を使って欲しくない』

・『彼がうら若い女性といるところを目撃した』

まとめ

今回は「若い」「うら若い」について紹介しました。

「若い」「年数が浅い様子」「うら若い」「若いと感じる様子」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典