スポンサーリンク

「若手有望株」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「若手有望株」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「若手有望株」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「若手有望株」とは?意味

「若手有望株」は、スポーツ選手などの選手が経験は浅いが将来的に大物選手に化ける可能性がある人物を指す言葉です。

株とあるように、今のうちに投資して育て上げておけば将来見返りを得ることができるくらい有望な選手となるものを「若手有望株」とよびます。

「若手有望株」の概要

「若手有望株」は元々は、社会経験が浅いサラリーマンの人であるが、将来性が望める人物を指す言葉でした。

ですが、プロ野球選手やサッカー選手など若手の選手でかつ今よりも活躍が期待できる人物を現在では「若手有望株」というようになったのです。

何故、サラリーマンから、野球選手のようなスポーツ選手で有能な人物を意味する言葉になったかですが、一説には、人をもてはやす場合、サラリーマンをもてはやすよりも運動を主としているスポーツ選手に対して媚びを売る方が将来的にその人物が活躍し有名になった際、「若手有望株」であるともてはやし、有能な人物に媚を売っておけば恩恵が受けられると判断したためです。

逆を返せば、元々のサラリーマンの人に媚を売っても得られる見返りが少ない、もしくは見返りを求めることができないように社会が変化したが故、現在では「若手有望株」は一般人を指さなくなったのです。

「若手有望株」の言葉の使い方や使われ方

「若手有望株」という言葉は、将来性が見込まれた人物に対して使用し、使用した場合、その人物は他者よりも優れているが故将来が安定しているとみなされ、ある保護下にあると言えます。

そしてこの「若手有望株」は、思惑としても機能することができ、例えば、「運動選手」に媚を売り有望な選手であるとちやほやしておけば将来選手が有望となり活躍した際、恩恵を受けることができるという考えでも使用できるのです。

ただ、「若手有望株」は、あくまで選手が常に活躍するであろうという思い込みであるため、実際に有望だと言われていた人物が実はたいしたことが無かった場合、「有望株」と言われていたものは有望ではなく、むしろ無能などと言われるようになります。

「若手有望株」の類語や言いかえ

「若手有望株」の類語や言いかえですが、スポーツ選手で有能で将来性があるものを「期待の新人」と表現することがあります。

この言葉は、「若手有望株」と全く同じ意味で若い人材で有能なものを意味する言葉です。

まとめ

「若手有望株」は、元は一般の方で活躍が期待できる人材を指す言葉でした。

ですが、だんだんとスポーツ選手に使用されるようになり、その理由は、サラリーマンの若手に期待が持てなくなったことの他、そもそも、サラリーマンの若手が育っても恩恵を受けることができないのではないかということから、次第に運動選手側に媚を売る言葉になったのです。

媚びを売り、将来安泰の選手であるかのように言えば、「若手有望株」と言われている人物から何か御社を受けられるのではないかと考えるものが増え、現在では雑誌記者などが選手をもてはやし、媚を売るような言葉として定着したのがこの「若手有望株」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典