スポンサーリンク

「苦い」と「渋い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「苦い」と「渋い」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「苦い」「渋い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「苦い」とは?

「苦い」には3つの意味があります。

1つめは、舌を刺激するような、口をゆがめたくなるような味のことです。

舌には味蕾という味を感じる部分があります。

ここに物質が触れると脳に信号が伝わり、味を感じます。

「苦い」と感じやすい部位は、舌の奥の方です。

しかし、ここでしか感じられないというわけではありません。

「苦い」と感じさせる物質には、カフェイン、カテキン、テオブロミン、クロロゲン酸などがあります。

これらの物質が含まれる食品には、コーヒー、緑茶、カカオなどがあります。

2つめの意味は不快であるのです。

自分にとって面白くない、心が楽しくなるようなものではない、といった意味になります。

3つめは、つらくて苦しいです。

今つらいというよりも、思い出したくないようなつらい事といった意味になります。

たとえば、過去にプロポーズをして失敗をし、恥ずかしい思いをしたとします。

失敗するのも、恥ずかしい思いをするのもつらいことでしょう。

この出来事を「苦い経験」と表現できます。

「苦い」の使い方

味を指して使用することが多いです。

不愉快だ、つらいという意味でも使用されます。

「渋い」とは?

「渋い」には5つの意味があります。

1つめは、舌がしびれるような感じです。

「渋い」は味蕾で感じているのではなく、渋味を感じさせる物質が、舌のタンパク質を変性させるからだといわれています。

「渋い」と感じさせる代表的な物質はタンニンです。

緑茶、紅茶、渋柿などに含まれています。

2つめの意味は、深い趣がある、味わい深いです。

派手ではなく落ち着いているようなものをいいます。

色でいうと、海老茶色や抹茶色などがそれにあたります。

3つめは、不愉快そうな様子です。

舌に「渋い」と感じると顔をゆがめたくなります。

不愉快なときにも、それと同じような顔のゆがめ方をしたくなります。

4つめは、金銭や品物を出すのが嫌そうであるのです。

5つめは動きが滑らかでないです。

ガタガタいわせないと開かない襖のような動きをいいます。

「渋い」の使い方

舌に感じるものを指して使用することが多いです。

また、深い趣を指しても使用されています。

「苦い」と「渋い」の違い

舌の感覚についてを指す点が似ていますが、同じものではありません。

「苦い」は味蕾で感じるもので、口をゆがめたくなるような嫌な感じを指しています。

「渋い」は味蕾で感じているものではありません。

渋柿を食べたときのような感覚を指しています。

「苦い」の例文

・『苦いコーヒー』
・『カカオ100%チョコレートは苦い』
・『苦いものは嫌い』
・『苦いけれどおいしい』

「渋い」の例文

・『渋い柿』
・『渋いものを好む』
・『趣味が渋い』
・『渋い色の着物』

まとめ

舌の感覚の意味が似ている2つの言葉ですが、同じ感覚なのではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典