スポンサーリンク

「英知の結晶」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「英知の結晶」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「英知の結晶」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「英知の結晶」とは?意味

「英知の結晶」という慣用句的な表現は、「優秀な知恵・知見が積み重なって、何らかの良い結果を生み出したもの」を意味しています。

「英知の結晶」というのは、「凡人の知恵ではない特別に優れた知恵(賢者の知見)が長い時間をかけて積み重なり、元の知恵とは異なる形となって現れたもの」を意味している言葉なのです。

「英知の結晶」の表現は、「優れた知識・知見・考えなどが時代を超えて積み重なり、それらが集まった結果として生み出された有益なもの(価値あるもの)」を指し示しています。

「英知の結晶」は常用漢字ではない「叡智の結晶・叡知の結晶」と表記することもできますが、意味は同一になります。

「英知の結晶」の概要

「英知の結晶」という慣用句の表現は、「英知」「結晶」という二つの言葉を組み合わせてできています。

「英知」という言葉は、「優れた知見・知恵、物事の本質・道理につながっている才知」という意味合いを持っています。

「結晶」というのは、「規則正しい平面で囲まれた固体の存在状態、分子・原子・イオンなどが規則正しく配列されたもの」を意味しています。

さらに「結晶」は、「愛情・努力などの抽象的なものが積み重なって、それとは異なる形をとって現れたもの」という意味を持っている言葉になります。

「英知+結晶=英知の結晶」で、「凡庸ではない優れた知見が積み重なって生み出された、人にとって有益な結果・発明(発明されたもの)」を示唆している言葉として理解することができます。

「英知の結晶」の言葉の使い方や使われ方

「英知の結晶」という言葉は、「物事の真理につながっている知恵が積み重なって、ある成果として結実したもの」を意味して使うことができます。

「英知の結晶」の慣用句の使い方として、「過去の優れた人物(賢人)の考え方・知識が長い時間をかけて、何らかの発見・道具(モノ)の発明などにつながったもの」を示して使うという使い方を挙げることができます。

特に「英知の結晶」は、「人類の英知の結晶」「現代の英知の結晶・時代の英知の結晶」といった言い回しで使われることが多くなっています。

「英知の結晶」を使った例文(使用例)

・『古今東西の賢者たちの英知の結晶とも呼ぶべき思想に基づいてユートピアを構想したとしても、民主主義にある手続きの正当性を担保することはできないでしょう。』

・『現代科学の最先端で実用化が進められているバイオテクノロジーや宇宙開発技術は、人類の英知の結晶としての側面を持っています。』

・『これは各専門分野における碩学の研究を集めた英知の結晶といえる書物ですが、読み手に一定の見識がなければ宝の持ち腐れになります。』

まとめ

この記事では、「英知の結晶」という慣用句の言い回しの意味・概要を説明して、使い方・例文を紹介しました。

「英知の結晶」というのは、「抜きん出た知恵が蓄積して、ある発見・発明(モノ)として結実したもの」を示している言葉です。

「英知の結晶」の慣用句について知りたいときは、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典