スポンサーリンク

「草コイン」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「草コイン」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「草コイン」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「草コイン」の意味

世の中にあまり知られていない、時価総額の低い仮想通貨のこと

「草コイン」の解説

「草コイン」「くさこいん」と読みます。

意味は「世の中にあまり知られていない、時価総額の低い仮想通貨のこと」です。

ネットスラングで正確な定義はありませんが、一般的には「時価総額が100位以下」「1通貨あたりの価格が100円以下」「まだ多くの人に知られていない」「作られたばかり」に該当する通貨と言われています。

「草コイン」の由来は、ネットスラングで「笑うこと」「草」または「W」と言いますが、ここから転じて「笑ってしまうほど価値が低いコイン」という意味で使われる様になりました。

ただし、「草コイン」は市場次第では短期間で急激に価値が高る可能性があり、英語では「Sleeping Giant Altcoin(眠れる巨人のアルトコイン)」と呼ばれています。

「草コイン」の使われ方

「草コイン」は、ネット上で仮想通貨の話題をした時に使われることが多くなります。

「草コインに投資してみる」「草コインで詐欺コインに騙された」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典