スポンサーリンク

「虚仮の一念」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「虚仮の一念」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「虚仮の一念」の意味を分かりやすく説明していきます。

意味の分からない言葉を、短時間でおさえていきましょう。

スポンサーリンク

「虚仮の一念」とは?意味

虚仮の一念(こけのいちねん)とは、取り柄のない人が一生懸命おこなうこと。

才能のない人が、がむしゃらに励んでいる様子をあらわした言葉です。

目立たないような人が、いちずに取り組んでいる状態を伝えている言い回しになります。

「虚仮の一念」には「虚仮(こけ)」「一念(いちねん)」という少々むずかしい言葉が入っています。

虚仮には、表と裏が一致しないという訳があります。

外見は取り繕っていても、内面はそうでもない様子から「才能のない人・不器用な人」をあらわしています。

また「一念」「深い思い・信念」です。

そのため「虚仮の一念」「不器用な生き方をしている人の、ひたむきな思い」という意味になります。

下手だけれども、きまじめに取り組むこと。

ぶきっちょだけれども、本気でやってみる様子が「虚仮の一念」です。

「虚仮の一念」の概要

「虚仮の一念」にまつわる格言には「虚仮の一念、岩をも通す」があります。

「虚仮の一念、岩をも通す」というのは、どんなに凡人に思える人でも真剣に取り組んでいれば、いつかは花が咲くということ。

深い思いが岩を突き破って、穴が開いたエピソードから生まれた言葉です。

ちなみに発明王であるエジソンは、生前にこんな言葉を残しています。

「天才は1%のひらめきと、99%の努力である」

これはとても有名な言葉ですが「虚仮の一念」にも、通じる考え方です。

どんなに偉大に見える人でも、その裏側にはたくさんの失敗や苦悩があったはずです。

そのため最初から「才能がない」と諦めてしまっては、非常に勿体ないものです。

能力は後から付いてくるものと考えて、まずはひた向きに試してみること。

「虚仮の一念、岩をも通す」は、心が折れてしまったときに助けてくれる言葉です。

「虚仮の一念」の言葉の使い方や使われ方

「虚仮の一念」はこのように実生活で使っています。

・『虚仮の一念、岩をも通す。最初から頭の良い人はいないよ』
・『受験まであと2か月。虚仮の一念、岩をも通す勢いで、死に物狂いで勉強した』
・『虚仮の一念、岩をも通す。ようやくパズルが完成した』
「虚仮の一念」は『虚仮の一念、岩をも通す』と文章にして使います。

誰かにアドバイスをするとき、地道に努力を重ねているシーンで使います。

「虚仮の一念」の類語や言いかえ

「虚仮の一念」は次のような語句に、置きかえできます。

・雨垂れ石を穿つ
・石の上にも三年
・嵐のあとには凪がくる
「雨垂れ石をも穿つ(あまだれいしをうがつ)」とは、雨のしずくが大きな石に穴を開けるように、小さな努力がいつかは実を結ぶことです。

「嵐のあとには凪がくる」は今は悪くても、いずれは上手くいくこと。

いずれも心を奮い立たせてくれる名言です。

まとめ

「虚仮の一念」にまつわる言葉を、おさらいしました。

「虚仮の一念」「虚仮の一念、岩をも通す」と文章にして使います。

どんなに才能のない人でも懸命に努力を続けていれば、いつかは花が咲くという意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典