「虫唾が走る」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「虫唾が走る」について

「虫唾が走る」「むしずがはしる」と読みます。

「虫唾」「虫酸」と表記されることもあり、「むしづ」と読まれることもあります。

難しい言葉ですのでこれを機に覚えておくと良いでしょう。

「虫唾が走る」の意味とは

「虫唾が走る」の意味と語源について紹介します。

「虫唾が走る」の意味

「虫唾が走る」の意味は「非常に不快な気持ちになること」「嫌でたまらなくなり胸がムカムカしてくること」です。

単に嫌いに思ったり不快に感じたりするのではなく、非常に強い嫌悪感があり、吐き気を催してしまう程のものを表します。

人により苦手なものや嫌いなものはありますが、過去のものごとがトラウマになっていたり、生理的に受け付けない物に対して使われます。

「虫唾が走る」の語源

「虫唾が走る」の語源は、人のお腹の中には虫がいると考えられていたことから来ています。

昔から「虫」「虫の知らせ」「腹の虫」など、人の感情や状態を表す言葉として使われています。

「虫唾」とは、胃酸が過剰にでた時に胃から上がってくる非常に酸っぱい液のことです。

胃の調子が悪い時にゲップをすると酸っぱい液が上がってくることがあるでしょう。

この様な状態だと人は不快な気持ちになり、それが「虫唾が走る」と言われる様になったのです。

「虫唾が走る」「虫酸が走る」とも書き、「むしず」「むしづ」両方の読み方があります。

そしてこの2つはわずかに意味が違います。

「むしず」「胃の中にいる虫が出す酸」であり、「むしづ」「胃の中にいる虫が出す唾」という意味です。

どちらにしても「虫だ出す嫌な液体」であることには変わりません。

「走る」に関しては、「一瞬のうちに全身に広がる」という意味で使われています。

「虫唾が走る」の言葉の使い方

「虫唾が走る」は強い不快感を表す言葉で、人に対して使う時には相手の事が大嫌いだとはっきり言っているのと同じことになります。

明らかに悪口であり、人間関係を悪くさせる言葉ですので特に注意して使いましょう。

「虫唾が走る」を使った例文

「虫唾が走る」を使った例文と解釈を紹介します。

「虫唾が走る」の例文1

「彼の顔は見ているだけで虫唾が走る」

余程性格が合わないか、実際にトラブルがあったのでしょう。

社会人としての付き合いができない程相手の事が嫌いな様子を表しています。

「虫唾が走る」の例文2

「媚を売りまくってるアイドルがテレビに出ると虫唾が走る」

歌も踊りも上手くなく、顔もイマイチなアイドルがテレビに出演して、これみよがしの甘え声で話しているのを見てイラッときている状態を表しています。

「虫唾が走る」の例文3

「あれで高い給料を貰っていると思うと虫唾が走る」

対象となる人はろくに仕事をしていないのでしょう。

仕事をすぐにサボったり人に押し付けたりして起きながら肩書きがあり、高い給料を貰っていることに対して、格下の人が根に持っていることが伝わります。

「虫唾が走る」の英語と解釈

「虫酸が走る」の英語には以下の2つがありまs。

「disgust」

“disgust”「むかつくほど嫌気を感じる」という意味です。

“It makes me disgusted just to think of him”(彼のことを考えるだけで虫唾が走る)となります。

「creep」

“creep”「這う」という意味があり「虫が這う」という意味で使われます。

“give someone the creeps”「虫が這う=ゾッとする=虫唾が走る」という意味になります。

“His grinning gave me the creeps”(彼のニヤけぶりに虫唾が走った)となります。

「虫唾が走る」の類語や類義表現

「虫唾が走る」の類語には以下のものがあります。

「反吐が出る」

「へどがでる」と読みます。

意味は「ムカムカして吐きな程嫌なこと」で、「虫唾が走る」よりも更に嫌悪感が酷い様子を表しています。

「胸糞が悪くなる」

「むなくそがわるくなる」と読みます。

こちらも「胸がムカムカして不快に感じること」で、良い意味ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典