スポンサーリンク

「行き詰まる」と「息詰まる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「行き詰まる」と「息詰まる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「行き詰まる」「息詰まる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「行き詰まる」とは?

「行き詰まる」には2つの意味があります。

一つは、進んでいく前方が遮られていて、それ以上先に進めないことです。

路地に入ると、ときどき路地の突き当りにきてしまうことがあります。

壁などがあり、その先に進むことができません。

行き止まりになっているのです。

このことを意味しています。

もう一つは、ものごとが思うように先に進まなくなることです。

作家の仕事のことで考えてみます。

作家は1冊の本を書き上げるために、原稿用紙何百枚分もの文字を生み出しています。

すらすらと書けるときもあるでしょうが、ときには頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

頭を抱えているときには、作業が進んでいません。

思うように進まなくなっているのです。

このような状態を「行き詰まる」といいます。

「行き詰まる」の使い方

先に進めないという意味で使用をします。

道などで遮るものがあって先に進めないことや、物事が思うように先に進まないことをいいます。

「息詰まる」とは?

心が張りつめて呼吸が苦しくなることです。

野球の試合のことで考えてみます。

1点をとられると負けが決まってしまう状態です。

現在満塁となっていて、1回でもヒットを打たれれば負けてしまいます。

このような状態のとき、見ている方は緊張することでしょう。

ヒットを打たれてしまうのか、守り切ることができるのか、心が張りつめた状態になります。

このとき、呼吸がやや苦しくなっているはずです。

このような状態を「息詰まる」といいます。

悲しすぎると息が「はっ」と止まってしまいそうになることがありますが、このような状態を指しているのではありません。

また、うれしすぎて興奮して呼吸が苦しくなることでもありません。

「息詰まる」の使い方

心が張りつめて、呼吸が苦しいような状態を指して使用します。

緊張する場面で使用されることが多い言葉です。

「行き詰まる」と「息詰まる」の違い

前者の言葉は「いきづまる」または「ゆきづまる」と読み、後者の言葉は「いきづまる」と読みます。

読みは同じですが、意味は違います。

前者の言葉は先に進めないことを意味しています。

前方に進めないこと、物事が先に進まないことです。

後者の言葉は息が苦しいことを意味しています。

緊張によって呼吸がつらいような状態をいいます。

「行き詰まる」の例文

・『この先進もうと思っていたのに行き詰まる』

・『絵画作成に行き詰まる』

・『勉強で行き詰まる』

・『行き詰まると旅に出たくなる』

「息詰まる」の例文

・『息詰まる思いをする』

・『息詰まる場面』

・『息詰まるような接戦を繰り広げる』

・『息詰まるレースとなった』

まとめ

読み方が似ていますが、意味は違う言葉です。

一方の言葉は先に進めないこと、もう一方の言葉は呼吸が苦しいことを意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典