スポンサーリンク

「衝撃」と「驚き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「衝撃」と「驚き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「衝撃」「驚き」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「衝撃」の意味から取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

「衝撃」とは?

最初に「衝撃」の意味をご説明致します。

「衝撃」(しょうげき)の意味としては、基本的には予想していないことや言動を受けて、動揺するさまです。

簡単にいいますと、「ショック」ということになります。

他の意味としては、一瞬のうちに強力な力が対象物にかかることです。

「驚き」とは?

次に「驚き」の意味を解説していきます。

「驚き」(おどろき)の場合は、驚くようなことなどがあった場合に使われます。

これは心からびっくりするさまや、驚くことを指しているのです。

「衝撃」と「驚き」の違いとは?

ここでは「衝撃」「驚き」の違いを取り上げてみましょう。

「衝撃」の場合は2つの意味があります。

まずひとつは、予想外の展開や言葉によって心が乱れ、動揺することです。

また、事故などによって強力な力がかかることも表現できる言葉になります。

「驚き」とは、心からびっくりすることや驚くことを指しております。

「衝撃」と「驚き」の使い方の違い

この項目においては、「衝撃」「驚き」の使い方の違いを説明します。

「衝撃」を使うときは少なくとも、2つの意味で使えます。

ひとつは心が動揺するさまに対して、使うのです。

もうひとつは、対象になる物などに一瞬だけ大きな力が加わるさまを指すときにも、使えます。

「驚き」を使う場合は、非常に驚くことやびっくりする際に使います。

それぞれの使い方を取り上げます。

前者の使い方
「戦艦の主砲の衝撃は、非常に強力です」
「衝撃を受けるほどに、見違えました」
後者の使い方
「驚きを隠せないようだ」
「周囲に驚きを与えるほどに、美しい女性だった」

「衝撃」を使った例文

ここでは「衝撃」を使った例文を書いていきます。

・『衝撃波の影響力があるはずだ』
・『衝撃の結末が待っているとは、思わなかったようです』
・『事故による衝撃によって、脳内出血を起こしてしまい、治療の甲斐もなく逝ってしまいました』
・『いつもは物静かだが、激怒している姿は衝撃的でした』
・『非常に衝撃的な事件が、近所で発生してしまいましたので、子供たちの通学が心配です』

「驚き」を使った例文

最後の項目においては、「驚き」を使った例文を書きます。

・『驚きのある仕事してみたいと思っています』
・『元妻が再婚し、あの人は驚きを隠せないようです』
・『友達が家を購入したことで、彼は驚きながらも祝福していました』
・『静かな人が急に冗談をいうと、驚きを隠せないが、笑ってしまった』
・『驚きのあるデザインを心掛けていると、好きなデザイナーが仰っておりました』

まとめ

まとめとして「衝撃」とは、2つの意味があります。

まず1つが、予想していないことに見舞われた場合や、言動などをぶつけられた際に、心が激しく揺さぶられることです。

もうひとつが、事故などによって、かかってくる大きな力の具合を指しております。

「驚き」とは、非常に驚くことやびっくりすることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典