スポンサーリンク

「表題の件」と「標記の件」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「表題の件」と「標記の件」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

打ち合わせなどビジネスシーンでよく使うのが「表題の件」「標記の件」についてです。

この記事では、「表題の件」「標記の件」の違いを分かりやすく説明していきます。

紛らわしい語句の違いを知って、同期の方に差をつけてみてください。

スポンサーリンク

「表題の件」とは?

表題の件とは「見出しの件のことですが」という、ことわりのひと言を表した言葉です。

ビジネスメールで良く使われる表現で、タイトルに書いてあることを詳しく説明すると…という意味になります。

またミーティングなどの席では、その会合のメインテーマについて表します。

例えば「リサイクルについて」があらかじめ議題に挙がっていたら、表題の件はリサイクル問題のことだと察しがつきます。

もともと表題とは、本のタイトルのこと。

表紙に書いてある題名のことです。

そのため「表題の件」というと、そのメールや会合のメインテーマを指します。

何度も同じことを話すのはしつこいので、ビジネスの場ではこちらの言い回しに置き換えられることが多くなっています。

「標記の件」とは?

標記の件とは「あらかじめ示した件についでですが」という、ニュアンスが含まれた言葉になります。

標記というのは、目じるしのこと。

また題目のことを指しています。

書類のタイトル・メールの件名のことを、さらに詳しく話すためのビジネス語になります。

実際に利用するときには「標記の件について、プレゼンをおこないます」「標記の件について、詳しいスケジュールを添付いたしました」という伝え方をします。

会議や打ち合わせの席で資料を手元に置きながら用いることもあれば、取引先とのメールにて使うこともあります。

もうすでにその題目をお互いが認識していて、いまさら繰り返すまでもない場合などに良く使われます。

「表題の件」と「標記の件」の違い

紛らわしい文章に「表題の件」「標記の件」があります。

「表題の件」「標記の件」の違いを、分かりやすく解説します。

・どちらも中身は同じ

標題と標記という言葉は異なるものの、どちらも同じ内容を意味するフレーズになります。

どちらも「メールの件に関して」「資料のテーマについて」という、すでに述べた題目についての表現になります。

丁寧な言い方になるので、どちらの言い回しも社内と社外の人に対して用いることができます。

一方で「表題の件」「標記の件」は、人によっては回りくどい表現として嫌われてしまうこともあります。

とくに海外ではこのような前置きを使うことはほとんど無いので、遠回しすぎる表現が疎まれる場合もあります。

TPOに合わせて、使っていくといいでしょう。

まとめ

「表題の件」「標記の件」について、分かりやすくお伝えしました。

どちらも事前に触れておいた「お題について」繰り返すフレーズになります。

ワンクッション置いた言葉となるので丸い言い回しに見えますが、何度も使いすぎると人によっては煩わしく感じてしまうこともあります。

相手のことを考えながら、臨機応変に使っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典