スポンサーリンク

「要求」と「要望」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「要求」と「要望」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「要求」「要望」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「要求」とは?

必要または当然なことに対し相手に強く求めることを意味する「要求」

また、必要とすることといった意味もあります。

求めることは当然の権利であるという意味が強く、非常に強い印象を持つ言葉となります。

「要求」の類語には、「強要」「依頼」「奪い取る」「求める」「催促」「主張」などがあり、対義語は、質問・要求などに答えることを意味する「回答」です。

「要求」の使い方

「要求」の使い方には、「要求する」を基本とし、「要求を呑む」「要求を満たす」「要求に応える」「要求を聞く」「要求を退ける」などがあります。

また、「要求相手」「要求事項」「法外な要求」「無理な要求」などといった言葉もあります。

「要望」とは?

必要なものとして相手に求めることを意味する「要望」

「望」という漢字が用いられることからわかるように、望んでいる程度という意味となり、相手に願う、望む、といった程度で求めることを意味する言葉となります。

「要望」の類語には、「願望」「希望」「リクエスト」「お願い」「注文」「求める」などがあります。

「要望」の使い方

「要望」の使い方には、「要望する」を基本とし、「要望を受ける」「要望を出す」「要望に応える」「要望がある」「要望に沿う」などがあります。

また、「要望書」「要望事項」「政府要望」「ご要望」「要望の声」といった言葉もあります。

「要求」と「要望」の違い

同じ求める行為でも、当然の権利として強く求めることを「要求」と言い、望むことを「要望」と言います。

「要求」の場合、当然の権利を主張しますが、「要望」の場合は、あくまでも、自分の希望を主張するといった意味があり、この点において大きな違いがある言葉となります。

「要求」の例文

・『賠償金として、法外な金額を要求され非常に困っています。』

・『離婚するにあたり、妻から提示された要求をすべて?むことにしました。』

・『まずは、あなたからの要求を聞いたうえで考えたいと思います。』

・『これ以上、お金に対して無理な要求をしないでほしい。』

「要望」の例文

・『社員一同、会社に対し働き方改革への要望書を提出したいと考えています。』

・『今日は、家族の要望に応え外食することになりました。』

・『施設に対し、バリアフリーにしてほしいとの市民からの要望の声が高く、工事に取り掛かることになりました。』

・『何なりとご要望をお申し付けください。』

まとめ

用いられている漢字の違いからも分かるように、「求める」を使用する「要求」には、当然の権利として主張するといった意味があり、「望む」を使用する「要望」には、希望を主張するといった意味があるといった違いが、この「要求」「要望」にはあることから、同じ求めることでも、その内容に応じた使い分けが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典