「覇者」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「覇者」とは

覇者という言葉は「はしゃ」と読みます。

あまり日常的に使う漢字ではないかもしれませんね。

競技などで優勝した人を指すこともありますし、徳に頼らず、覇道で天下を治める人を指すこともあります。

この場合は中国の春秋時代に諸国の同盟の中心をになった人物を指すことが多く、歴史的な文脈で使われることがあります。

覇道とは、武力や権力によって天下を支配する政治のあり方を指しています。

「覇者」の意味

一般的に覇者というのは競技などで優勝した人を指しますので、例えばマラソンの覇者、フィギュアスケートの覇者、などといった文脈で使われることが多いです。

オリンピックやパラリンピック、国際大会や全国大会などでこの言葉が使われており、そこで優勝した人などを指しています。

「覇者」の言葉の使い方

覇者という言葉は中国の歴史の中で使われる言葉でもありますが、日本史の中でも例えば天下を治めた人物を覇者と表現することがあります。

さらにオリンピックで金メダルを取った人を端と呼ぶこともあり、例えば日本からもマラソンの覇者やフィギュアスケートの覇者など、世界にその名をとどろかせる人がたくさん出ています。

特に2020年の東京オリンピックを控え、日本からさらに多くの覇者が出ることが期待されているのです。

「覇者」の言葉の例文

それならば、覇者という言葉を使った英文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは覇者という言葉の文をいくつか紹介します。

「覇者」の例文1

「彼女はマラソンの覇者として知られている」

マラソンというのは非常に厳しい競技です。

42. 195キロを走り切らなければならず、誰にもできるというものではありません。

そんなマラソンという競技で1位を取る事は極めて難しいことであり、だからこそ、駅伝なども多くの注目を浴びるのです。

そんな中でトップをキープできた人は覇者と言われることも多く、例えばオリンピックで金メダル、銀メダル、銅メダルを取得すれば世界的にも有名になります。

箱根駅伝などにおいても1位をとった大学やその選手は特に今後の活躍が期待されています。

「覇者」の例文2

「ゲームの中で覇者となって活躍する」

最近はスマホでゲームをする人も増え、何らかの形でゲームに携わったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

特にRPGゲームなどでは敵を倒し、ボスを倒して国を征服したり、お姫様を助けたり、ということがありますよね。

つまり、RPGゲームでは自分が覇者になって活躍することが大切なのです。

また、だからこそいつまでたってもゲームが廃れることがないのです。

「覇者」の例文3

「このゲームで覇者になるためには課金が必要だ」

スマホでゲームをする場合、そのゲームで勝つためにはどうしても課金をしなければいけないということがあります。

多くのゲームは無料でダウンロードすることができますが、例えばアイテムを購入したりするときにはどうしても課金をしなければ先に進めない場合もあるのです。

無料で楽しめるゲームも多いですし、無料で楽しめる方法も多いですが、やはりお金を払った方が素早く覇者になれるといったメリットもあります。

そのため子供の中には親の同意を得ることなく、課金してしまう人が多いと言われています。

「覇者」の例文4

「自分は人生の覇者になりたい」

覇者というのは競技で優勝した人を指しますが、自分の人生においては自分が覇者にならなければいけません。

自分の人生の責任を持てるのは自分だけであり、同時に自分の人生を変えられるのも自分だけなのです。

辛いことがあったとしてもそれに負けることなく、自分の力で自分の人生を切り開いていかなければいけません。

だからこそ、誰しも自分の人生において覇者になることが大切なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典