スポンサーリンク

「見映えがいい」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見映えがいい」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見映えがいい」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見映えがいい」とは?意味

「見映えがいい」「見映え」とは、見た目が立派で、外観が良いことを意味します。

なので、「見映えがいい」だと見た目が立派で、外観が良いことが良いとなり、言葉の意味が重複してしまいます。

ですが、「見映えがいい」はよく使われていますし、この方がその意味合いは伝わりやすいかもしれません。

「見映えがいい」の概要

「みばえ」には「見映え」以外にも、「見栄え」と言う言葉があります。

「見栄え」はまわりのものよりも、引き立って良く見えることを言います。

一方、「見映え」はまわりに関係なく、見た目が立派で、外観が良いことを表します。

「見栄を張る」の意味は、人目を気にして、自分を良く見せるために、うわべを良く見せようとすることです。

この「見栄を張る」「見栄」と、「見栄え」は同じ漢字が使われていることからも、似たような意味合いがあることが分かります。

「見映えがいい」の言葉の使い方や使われ方

「見映えがいい」の言葉を使った例文をいくつかご紹介します。

『彼は高身長で目鼻立ちも良いので、見映えがいいのが羨ましく思います』、『彼女はパーティーに着ていくために、見映えがいい美しいドレスを選んだ』、『彼の時計は高級ブランドでとてもかっこ良くて見映えがいい』、『最近、見映えがいい車をよく見かけますが、どんな人が運転しているのか気になります』、『彼女はスタイルがよく、見映えがいいので、このコンテストで優勝を狙えるだろう』

「見映えがいい」の類語や言いかえ

「見映えがいい」と似たような言葉としては、「見映えがする」「カッコいい」「可愛い」「美人の」「イケメンの」「容姿端麗な」「眉目秀麗(びもくしゅうれい)な」、または「見た目が良い」などが挙げられます。

まとめ

時には、まわりよりも自分を良く見せるために、見栄を張ってしまうことがあるかもしれません。

ですが、まわりに関係なく、見映えのする人は、自分が本来持っている美しさや素晴らしさをうまく表現できているように思えます。

人はついまわりと自分を比較してしまいがちです。

しかし、誰一人として同じ人間はいないですし、それぞれ個性を持って生まれてきています。

それをうまく表現できているかは個人差がありますが、変えていくことができます。

自分らしく生きている人は、自分のことを知っていて、自分のすべてを受け入れ、それを素直に表現している人なのかもしれません。

協調性が大事とされてきた環境で長年過ごしていると、本当の自分がわからなくなってしまうことがあります。

自分らしさをわかっていて、それをうまく表現できると、自分のことを大事にできるようになりますし、自分以外のまわりに対しても、自然に尊重や感謝をしていきやすくなるでしょう。

本物の見映えのするものは唯一無二のものです。

そのような素晴らしいものを身につけていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典