スポンサーリンク

「見積もりを出す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見積もりを出す」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見積もりを出す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見積もりを出す」とは?意味

工事や製品が完成するまでの日数や、必要な費用などをあらかじめ計算して出すことです。

見積もりとは見積もることで、見積もるには工事や製品などにかかる費用・原価・日数などをあらかじめ計算して出すという意味があります。

出すとは、表立って発表することです。

この場合は、計算して出された費用や日数などを、依頼者などに知らせるといった意味になります。

こういったことから、「見積もりを出す」とは、工事や製品が完成するまでの日数や必要な費用などを、あらかじめ計算して出すという意味です。

「見積もりを出す」の概要

工事を依頼する場合、あらかじめ費用がわかっていると、依頼する側としては安心できます。

水道修理などは工事に着手する前に、この言葉が意味する行為が行われます。

台所の蛇口から水が漏れるようになったので、水道修理業者に修理を依頼した場合で説明をします。

業者は、まずどういった状態になっているのかを確認します。

どのあたりから漏れているのか、どこが故障しているのかなどを調べ、いつごろからなのかなど依頼者から聞きます。

これらの行為は、どれくらいの費用がかかるのか、どれくらいの時間がかかるのかなどを計算するために行っています。

台所の蛇口からの水漏れといっても、蛇口の根元から水が漏れているのか、ハンドル部分から漏れているのか、シンク下から漏れているのかなどによって、原因が異なります。

原因が違えば、修理に必要な材料が違い、それによって費用が変わってきます。

そして、調べた内容から業者はおおよその費用を計算し、依頼者に提示をします。

この計算をして提示することが「見積もりを出す」です。

この行為は修理がはじまる前に行われます。

修理が終わってから「料金はいくらです」ということではありません。

おおよその費用や日数なので、あらかじめ出された数字と異なることがあります。

しかし、価格が提示されたものと実際のものとで何万円も違うといったことはありません。

「見積もりを出す」の言葉の使い方や使われ方

工事を依頼するときや、製品を製造したり購入したりするときに使われる言葉です。

あらかじめ費用や日数を計算して出すことをいいます。

工事が終わってから「いくらです」ということには使用しません。

「見積もりを出す」の類語や言いかえ

「費用を出す」「日数を出す」が似たような意味の言葉です。

「見積もりを出す」の場合は、あらかじめ出されるものが費用・原価・日数などですが、あらかじめ出されるものは「費用を出す」の場合は費用についてだけ、「日数を出す」の場合は日数についてだけを指しています。

まとめ

工事や製品などは、それに取りかかる前におおよその費用や日数を計算して出すことができます。

必要な材料や工程などがわかっているからです。

前もって費用や日数などを計算して出すことを、この言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典