「見解」とは?意味や使い方!例文や解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「見解」とは?

「見解」という表現は、「ある物事・問題・行為などについての見方・考え方・解釈」を意味しています。

「見解」というのは、「その人の知識・経験・情報に基づく物事の価値判断や意味の解釈」のことを意味している表現なのです。

「見解」「けんげ」と読む時には仏教用語になり、「真理を見極める智慧・洞察力」のことを意味しています。

「見解」の読み方

「見解」の読み方は、「けんかい」になります。

仏教用語の「見解」の読み方は、「けんげ」になります。

「見解」の表現の使い方

「見解」の表現の使い方は、「ある問題・議題・物事についての、その人の見方・考え方・価値の解釈」を指示する時に使うという使い方になります。

例えば、「事件の原因を分析したあの人の見解に同意することはできません」といった文章で使用することができます。

また「見解」という言葉は、「あの時の判断は正しかったというのが私の見解です」というように、「ある物事・問題・現象に対するその人の価値判断・評価や解釈」という意味合いでも使うことができます。

「見解」を使った言葉と意味を解釈

「見解」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

「見解を聞く」【けんかいをきく】

「見解を聞く」という表現は、「ある物事・問題について、その人の見方・考え方・価値の評価について聞くこと」を意味しています。

例えば、「先生の見解を聞いて、ぜひ参考にさせて頂きたいと思っています」などの文章で使用することができます。

「専門家の見解」【せんもんかのけんかい】

「専門家の見解」という言葉は、「ある分野(ジャンル)について専門的な知見・情報・能力を持っている人の見方や考え方」を意味しています。

例えば、「この分野に詳しい専門家の見解を聞くまでは、まだこの問題について決定的なことは言えません」といった文章で使われています。

「見解の相違」【けんかいのそうい】

「見解の相違」という表現は、「二人以上の人の物事の見方・考え方が違っているさま」「ある物事・問題についての価値判断が対立しているさま」を意味しています。

例えば、「あなたと私には深刻な見解の相違があるので、この問題についてこれ以上話し合っても無駄なようです」といった文章で使うことができます。

「見解」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「見解」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

「見解」を使った例文1

「先日、社内で起こった前代未聞の不祥事と株価暴落との関係について、あなたのご見解をぜひ聞かせてください」 この「見解」を使った例文は、「あなたのこの問題に関する見方・考え方・意味の解釈をぜひ聞かせてください」といった意味を持つ文脈で、「見解」という表現を使用しています。

「見解」を使った例文2

「長時間にわたって議論を重ねましたが、新規ビジネスに関する見解の相違を埋めることはできませんでした」 この「見解」を使った例文は、「見解」という表現を、「新規ビジネスに関する考え方や価値判断(将来性の評価)の違い・対立を埋められない」という意味を持つ文脈で使用しているのです。

「見解」と「見識・考察」の意味の違い

「見解」という表現は、「ある物事・問題・行為についての見方・考え方・価値判断」を意味しています。

それに対して、「見識」という表現は「ある物事の本質を洞察(判断)した鋭い意見や確かな考え」のことを意味しているという違いがあります。

「見解」よりも「見識」の方が、「優れた判断力が働いている確かな自信のある意見(考え)」という意味のニュアンスが強くなっています。

「考察」という表現は、「ある物事・テーマについて良く調べて深い考えを巡らせること」を意味しています。

「考察」という言葉は、「見解・見識」と比較して「ある物事・課題について、事実・本質を明らかにするために深く考える」という意味に重点があります。

「見解」の類語や類義語・言い換え

「見解」の類語・類義語・言い換えを紹介して、その意味を解釈していきます。

「意見・所見」【いけん・しょけん】

「見解」の類義語・言い換えとして、「意見・所見」があります。

「見解」という表現は、「ある物事や問題についての見方・意見・考え方」のことを意味しています。

「所見」という言葉は、「ある物事についての意見・考え」「見た結果についての解釈・意見」を意味しています。

それらの意味から、「見解」という表現は、「意見・所見」という表現に言い換えることが可能なのです。

「観点・見地」【かんてん・けんち】

「見解」の類語・言い換えには、「観点・見地」があります。

「観点」「物事を見る時の位置や立場」を意味していて、「見地」「物事・問題について見たり考えたりする時の立ち位置(スタンディングポイント)」を意味しています。

この意味から、「見解」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「観点・見地」が上げられます。

「価値判断・態度」【かちはんだん・たいど】

「見解」の類義語・言い換えとして、「価値判断・態度」があります。

「見解」という表現は、「ある物事・問題について、価値判断したり意味を解釈したりすること」を意味しています。

「態度」というのは、「ある物事について向き合う姿勢」「自分の考え方・感じ方が言葉や表情、動作に現れたもの」を意味しています。

その意味合いから、「見解」と近い類似した意味を持つ類義語として、「価値判断・態度」を指摘できるのです。

「見解」の英語と解釈

「見解」という言葉を英語で表現して、その意味を解釈していきます。

“view, point of view”(ものの見方や考え方・物事を見る時の視点や観点・見解)

“opinion”(意見・主張・考え・見解)

“outlook”(物事に対する見方や考え方、態度・見解)

“I have a difference of opinion with her.”

「見解」の言葉を使ったこの英語の例文は、「私と彼女には、見解の相違があります」を意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典