スポンサーリンク

「見間違う」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見間違う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見間違う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見間違う」とは?意味

「見間違う」は、見間違えるという言葉の文語系に当たるる言葉です。

文語系は、その言葉を強調することでこの言葉においては見ることと間違うという2つの言葉を強調するためにあえて見間違えると呼ばず「見間違う」と呼んでいます。

なお、「見間違う」の意味は、対象を目視して間違って認識するという例です。

「見間違う」の概要

「見間違う」は、見たものをほかの物と間違えることを意味し、見間違えるという言葉と全く同じです。

ですが、あえて見ることと間違うという2つの文字を強調することで文章に強みを持たせるのが「見間違う」になります。

その為、小説など、文章で物事を表現するものにおいては、「見間違う」姿などという言葉を使用して、見ることを間違うと表現し、何と間違えたのかという部分を後から姿と表現して文章に深みを与えます。

「見間違う」の言葉の使い方や使われ方

「見間違う」は、対象を目撃してその対象が自分が認識している対象と異なると小説などで表現したい場合使用します。

逆に日常で「見間違う」とは、あまり言わず日常の場合、「見間違える」と呼びます。

「見間違う」を使った例文(使用例)

・『人の認識能力の低さは見間違うこと他ならない』
この例は、人間が持っている物を認識するというのは、間違って物を認識するより外ならないという例です。

何故なら、人間は、目視によって対象が知り合いかどうかを判断するため、似たような人物を間違って認識します。

逆に動物の場合、似た様であると認識していても似ている物が放つ臭いなどが異なると認識し、目視以外で他者を見分けることができるのです。

・『友人と他人を見間違う』
この例は、友人と他人を間違って認識したという例です。

何故、このようなことが起きるかですが、人間は目視によって他人と知り合いを認識するため、見た目でしか認識をしていません。

逆にその他の動物は同じものだと目視で確認していても臭いが異なった場合、他人であることを看破でき人間のみが目視に頼りすぎだというのがこの例です。

まとめ

「見間違う」とは、人間が目視に頼りすぎであるということを強調しています。

逆に動物たちは目視で相手を確認しつつ臭いで自己の知っている物であるかどうかを確認するため動物たちは目視に頼ってません。

そして、顔認証システムは、目視に頼りすぎていますが、正確に骨格を判断して当人であるか他人であるかを認識するため、認識法が人間よりも上です。

よって、「見間違う」というのは、人間のように目視に頼りすぎた結果、自分の思っていたものと異なることを「見間違う」と呼びます。

ですが、この言葉は、小説などでは多用されますが、日常ではそんなに間違えたことを強調しませんので、あくまで小説などで認識の間違いを犯した場合使用する言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典