スポンサーリンク

「言い訳」と「言い分」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「言い訳」と「言い分」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言い訳」「言い分」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「言い訳」とは?

都合の悪いことや過失などを、取り繕うための説明をすることや、筋道を立てて、物事の説明をするという意味の言葉です。

従って、後者の意味なら特別自分の過失を認めず、あれこれ言ってごまかしの弁解をすると言った余り良くない行為だけを指すものではありませんが、一般的には前者の使い方が多く、「言い訳」は過失を取り繕う主張として、良くない印象を示す言葉と理解されています。

例えば『彼は言い訳ばかりで、謝る気は全くない。

や『言い訳もできないほど、これは私の大きなミスです。』

など、前者の意味で使われるのが普通となっています。』

「言い分」とは?

「言い分」は、言いたい事柄や、不満や文句や主張などの言いたい事柄を指す言葉です。

使用例としては、『まず相手の言い分を聞いてみよう。』

や『何か言い分があるなら、話してみなさい。』

の様に使われます。

「言い訳」と「言い分」の違い

「言い訳」とは?の項で記載した様に、「言い訳」には、筋道を立てて、物事の説明をするという意味もあります。

この意味では「言い訳」「言い分」と同じニュアンスの言葉と言えるでしょう。

しかし近年では「言い訳」は、こうした使い方はほとんどなく、もう一つの使い方である都合の悪いことや過失などを、取り繕うための説明の意味で使われています。

こちらの使い方に限定すれば、「言い訳」「言い分」の意味は全く違っており、使い方を混同しないようにする必要があると言えます。

すなわち、「言い分」は自分の意見や主張であり、聞いた人が、その「言い分」に同意できなくても、人それぞれには考え方や意見の違いがあるもので、何も全否定したり、道徳的におかしいと言ったものではありません。

従って「言い分」は聞いてみようと多くの人が考える場合が多いのです。

しかし、一方の「言い訳」の方は、その人がミスや過失を犯した事は明らかなのに、あれこれ自分の非を認めずに正当化しようとする言動であり、多くの人が、聞きたくない、聞く価値もないと考える事が多いのです。

この違いをしっかり理解し、明らかな「言い訳」は聞かなくても、「言い分」はまず聞くと言った姿勢が必要ですし、自分の発言が正当な「言い分」なのか、単なる「言い訳」ではないかを自己確認し、「言い訳」なら強弁する事無く素直に誤るべきだと言えます。

まとめ

「言い訳」は、一般的に都合の悪いことや過失などを、取り繕うための説明をすることであり、「言い分」は自分の意見や主張です。

従って、自分の主張が「言い分」ではなく、単なる「言い訳」ではないかを確認して話すべきですし、 また相手が何か話す場合には、「言い訳」でなく、「言い分」なら、しっかりと聞く姿勢が必要です。

この2つの言葉の意味を十分理解して対応する事が、人間関係にとっては大切な事だと言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典