「計画的犯行」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「計画的犯行」

「計画的」とはあらかじめ計画を立てて予定を行うことを言います。

つまり「計画的犯行」とは最初から計画的、決めてあって実行したことを言います。

それでは「計画的犯行」について意味、使い方、例文などを詳しく見ていきましょう。

「計画的犯行」の意味

「計画的犯行」とはあらかじめ、悪だくみをして計画的なことを言います。

突発的な犯行であっても悪いことですが、それよりもさらに悪質度が高いと思われるのです。

故意、意識的とも言い換えることができます。

「計画的犯行」の言葉の使い方

「計画的犯行」とは通常、犯罪に対してのニュースなどで突発的だったのか、事前に計画されてあったのかという区別を伝える時などによく使われる言葉です。

犯行ですから、主に犯罪について使われるのですが、通常の会話などで冗談めかして何か悪ふざけ、いたずらめいたことをすることに対して「計画的犯行だな」と言った具合に使うこともあります。

ちなみに犯罪においては衝動的、計画的な場合、やはり計画的犯行の方が重いと判断されるようです。

とはいえ、衝動的な人も十分に恐ろしいものを持っています。

そういった意味においては衝動的犯行でも計画的犯行でも悪いものは悪いのです。

ただ事前に計画していたか、意図を持っていたかということを区別する為の言葉とも言えるでしょう。

「計画的犯行」を使った例文・短文(解釈)

ここでは「計画的犯行という言葉の例文をいくつか紹介します。

「計画的犯行」の例文1

「本人は否定しているけれど、これは計画的犯行だ」

犯罪において、犯人は「そんなつもりはなかった」と否定する場合があります。

しかし、状況証拠などから事前に計画していたとわかる場合があります。

例えば事前に凶器となる物、犯行に必要な物などを購入しているといったことはよくある事例です。

そのあたりにある物をとっさに掴み凶器にした場合は衝動的とも言い訳ができますが、事前に凶器を買い集めているのは、衝動的ではなく計画に沿った犯行だと推測されるのです。

凶悪な犯罪の場合、やはり事前に計画があり、実行に移すといった場合が多いのかもしれません。

「計画的犯行」の例文2

「犯行予告を送っているので間違いなく計画的犯行になる」

「犯行予告」とはたとえいたずら書きであっても絶対にしてはならないとされている行為となります。

最近においてはインターネット上で犯行予告がなされることもあります。

いずれにしましても、犯行予告の類があるということは、間違いなく事前に計画、考えがあったということになりますので、衝動的ではなく、計画的犯行となります。

ちなみにインターネット上で犯行予告がされますと大騒ぎになるのです。

例えば爆発物を仕掛けたといったいたずら書きであっても、その建物にいる人を避難させる必要がありますし、本当に爆発物があるのか探さなければならなくなります。

「計画的犯行」の例文3

「この事件は計画的犯行と認定された」

犯行が発覚当初は、故意なのか、事故だったのか、わからないこともあります。

どうしてかと言えば、そのように装って犯罪を起こすケースもあるからです。

最初はわからなくても、調べていくうちに証拠が出てきて、計画的だった、仕組まれていたものだったと判明することもあります。

そのような場合は「計画的犯行と認定された」と言った言い方をします。

「計画的犯行」の例文4

「計画的犯行は罪が重いとされる」

日本においては、衝動的な犯行よりも、計画的犯行の方が罪が重いとされています。

例えば、カッとなって誰かを傷つけてしまうことと、計画的に誰かを傷つけてしまうことは、結果的に同じことです。

しかし、カッとなった場合は最初はそのような気はなかったと言えます。

一方で計画的だった場合は事前に計画をして明確な意思を持って傷つけているということになります。

日本の価値観においては計画的犯行は罪が重いとされる傾向にあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典