スポンサーリンク

「計算機」と「電卓」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「計算機」と「電卓」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「計算機」「電卓」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「計算機」とは?

計算を行うために使う機械のことです。

「計算器」と書く場合もあります。

この機械には、アナログ、デジタル、手動があります。

具体的にいうと、コンピューター、そろばん、電子計算機などです。

スーパーコンピューターという、大規模・高速な計算能力を持つコンピューターがあります。

科学技術計算を主な目的として利用されています。

規模が大きく、計算速度が速く、これを実現させるために最適化されたハードウェアとソフトウェアが使用されています。

世界で開発が進められており、日本でも開発がされています。

開発費には何千万円、何億円とかかっています。

このような莫大な費用がかかるものだけでなく、電子計算機やそろばんなど、数千円程度で購入できるものも「計算機」にはあります。

これらはスーパーコンピューターに比べれば性能は劣りますが、計算を行うことができます。

基本的には、足し算・引き算・掛け算・割り算が可能です。

「計算機」の使い方

計算をする機械を指して使用する言葉です。

「機」はからくり、しかけ、「器」は道具という意味を持つ漢字です。

「計算機」または「計算器」「機」「器」という漢字を使用しているので、器械類を指していることになります。

紙に数字などを書いて計算することを指して「計算機」とはいいません。

「電卓」とは?

電子式卓上計算機の略です。

卓上というように、机の上にのるほどの大きさです。

そうはいっても大きさはさまざまで、手帳ほどのもの、ハガキほどのものなどさまざまあります。

この器械は主に計算をするために使用されます。

足し算・引き算・掛け算・割り算が可能です。

平方根も求められます。

その他に、計算したものを一時的に保存する機能、税込・税抜き価格の表示機能、時間計算機能、四捨五入機能などがついているものもあります。

ボタンを押すと音がでるものもあります。

本来の使い方ではありませんが、音で演奏をすることが可能です。

演奏をするためには技術が必要です。

「電卓」の使い方

電子式卓上計算機を指して使用する言葉です。

計算するものでもコンピューターのことではありません。

「計算機」と「電卓」の違い

「電卓」「計算機」の一種です。

「計算機」の中でも卓上サイズのもので集積回路を使って計算するものを「電卓」といいます。

一般の人になじみがあるのは「電卓」でしょう。

会計、家計簿などの計算の際に使用されています。

「計算機」の例文

・『高価な計算機』
・『計算機を使って複雑な計算をする』
・『計算機を使わずに計算するのは難しい』
・『なんて便利な計算機』

「電卓」の例文

・『電卓が見当たらない』
・『電卓のボタンが小さすぎてうまく打てない』
・『電卓が壊れてしまった』
・『電卓を貸してもらう』

まとめ

2つの言葉が指しているのは、計算をするための器械です。

「計算機」の一種が「電卓」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典