スポンサーリンク

「計算違い」と「見込み違い」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「計算違い」と「見込み違い」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「計算違い」「見込み違い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「計算違い」とは?

「計算違い」は、謝った計算により本来望んだ結果と異なる事情になったことを指す言葉になります。

類語に当たる言葉には、「見込み違い」という言葉があり、両者の言葉の意味は全く同じであると言えます。

「見込み違い」とは?

「見込み違い」は、結果的に自分が思い描く結果と異なる結果になったことを指す言葉です。

類語に当たる言葉に、「計算違い」という言葉があります。

「計算違い」と「見込み違い」の違い

「計算違い」「見込み違い」の違いは、昔であれば、「計算違い」は、算術による間違いのことのみを指していたので、見込みという予想することとは別だとしていました。

ですが、予想も計算の内であるという声が大きくなると、両者の言葉は同じであるという認識に変化し、今現在においては、「計算違い」「見込み違い」も当てが外れることを指すのです。

「計算違い」の例文

・『どこで計算違いを犯したのかわからない』>
この例は、どこで、自分の予想と異なる結果になる間違いをしたかわからないという例です。

なお、このケースでは、計算違いを算術的な間違いであるとしても意味が通じます。

・『計算違いばかりだ』>
この例は、普通に計算間違いが多いという例になります。

「計算違い」は自分の思っている結果と違うことの他、単に計算間違いを繰り返していることも指します。

「見込み違い」の例文

・『どうやら君の能力はしょせんその程度だったようだ。とんだ見込み違いだ』>
この例は、能力があると見込んでいた人物が実は大して能力がある人物ではなく、自分が思い描く結果に到達しなかったことを相手に投げかけたうえで相手の能力不足について問題視している例です。

この例の場合、「とんだ計算違いだ」と記しても同じ意味になります。

・『ここまで見込み違いだと自分が腹立たしい』>
この例は、自分の考え通りに事があまりにも進まないが故自分に対して腹を立てたとする例です。

「見込み違い」は対象を自分や第3者とすることが可能で、「計算違い」も同様に自分や第3者に対して対象者とすることが可能です。

まとめ

「計算違い」「見込み違い」の違いは、元々は、「計算違い」は、単に計算間違いを指摘する言葉でしたが、今現在では、両者は同じ意味です。

両者は同じ意味で、自分が思い描く結果と異なることを、「計算違い」や見込み違いという言葉を使用して進言をします。

この時、対象は、自分を対象に、「見込み違い」「計算違い」ということも可能で、第3者に対しても「見込み違い」「計算違い」と述べることが可能です。

その為、どちらを日本語で、自分の思い描く結果と違うことを言い表そうかと考えた場合、どちらを使用してもよく「計算違い」であれば、本当に自分か第3者の計算ミスで自分が思い描く結果と異なったと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典