スポンサーリンク

「記事」と「ニュース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「記事」と「ニュース」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「記事」「ニュース」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「記事」とは?

「記事」とは、文章にて世の中の情勢や世界の情勢を開設することを意味します。

文章であることが重要で、文章校正を受けて発表されるため、文章がしっかりとしているという特徴があります。

過去には「記事」は情報が古く文章に起こされ発表されるまで期間が長いという問題がありましたが、近年では、「ネット記事」という手法にてその問題を克服済みです。

「記事」の使い方

「記事」「新聞記事」のように文字にて情勢を記載し、文章校正を行い正しい認識を持てるようにしたものに対して「記事」と呼びます。

その為、「記事」と記載があるものの多くは情報の正確さはもとい第三者が閲覧して正しい認識が可能です。

「ニュース」とは?

「ニュース」はまだ知られていない新しいことを公の場、例を挙げますとテレビや公衆の面前で発表することです。

公衆の面前で発表することで広く物事を周囲に知らせるという役割がありますが、文章校正や情報の正確さはあまり重要ではなく、おおよそ内容が伝わればそれでよしとしています。

「ニュース」の使い方

ニュースは、「テレビニュース」の他「ネットニュース」とあるように閲覧者に対しまたは公衆の面前で発表を待つものに対して最新の情報を提供することです。

最新の情報を提供することのみを重点にしているため、発表される文章や日本語による音声は正確さは次でおおよそ内容さえ伝わればよい物をニュースと呼びます。

「記事」と「ニュース」の違い

「記事」は、発表する情報の新しさは重視しておらず、正確に第3者が理解できるよう発表を行います。

一方で「ニュース」はというと、情報の新しさを追求しているため、発表される文面や発話は第3者がおおよそ理解することができればそれでよしとしているため、間違いが存在することもあり、情報が正確であるかどうかは未知数です。

「記事」の例文

・『この新聞記事の情報は古いよ』

この文章から読み解くのは、新聞の情報が古いとしており、文面に書かれている情報源が古いと言い切っていることです。

何故言い切れるかですが、「記事」は情報の正確性を重視して発表しているため時として発表される情報を周囲が周知しているのです。

そうした場合、はっきりと第3者は情報が古いと言い切れます。

・『この記事は文章がなっていない』

「記事」は文章を構成して物事をわかりやすくしたものであるため、理解できない場合、否定されることもあるのです。

「ニュース」の例文

・『ニュースのお時間です』

この例文が意味するのは原稿を読み上げるタイプの情報発信を行うことを意味しています。

「ニュース」は最新の話題を扱うため、視聴可能な時間になることで、「ニュース」の時間であることを周囲に知らせます。

「ニュース」の時間を知らされたものはさいし情報を入手できると感じるのです。

・『ネットニュースは信ぴょう性が低い』

この例文はネット上で発信される最新情報は信ぴょう性が低いことを意味しています。

「ネットニュース」とあるように「ニュース」を提供する場がテレビなどの公共電波からインターネットに変化したことをこの言葉は示しています。

まとめ

いかがでしょうか。

「記事」は情報の正確さおよび認識を正しく持ってもらうため発表が時間がかかるものを指します。

一方で「ニュース」は情報の鮮度を重視しており、情報の正確さおよび第3者が理解できるかどうかなどはあまり考慮しておらず、一応形式上内容さえ伝われば良しとしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典