スポンサーリンク

「設備投資」と「経費」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「設備投資」と「経費」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「設備投資」「経費」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「設備投資」とは?

「設備投資」とは事業を行う上で会社などの設備に投資をして改善を図ることです。

ここでいう改善は社内環境をよくすることなどを指し、空調の新調やオフィス用品の新調など会社で使用する備品をアップグレードすることや新しく購入して会社に添えることを言います。

その為、「設備投資」とは会社に必要なものを投資することを指し、不必要なものは「設備投資」にならないです。

「設備投資」の使い方

「設備投資」の使い方は、決められた会社の予算の中から会社の労働環境をアップグレードするために用いる資金です。

その為、この資金は自由に使用することができる資金ではなく、決められた予算内で会社の労働環境などをアップグレードするために使用します。

「経費」とは?

「経費」は会社の売り上げに貢献する費用です。

例えば、研究費用を「経費」で支払えば会社の売り上げに貢献することが可能ですが、研究結果が成果を出さなかった場合、「経費」を出さないという選択も会社は可能です。

その為、「経費」は会社に対して貢献しなければ「経費」として認められず、冷房を新しくするという目的も「経費」では支払うことはできません。

何故なら、冷房を交換しても会社の売り上げに貢献ができるとは思えないからです。

「経費」の使い方

「経費」の使い方は様々で、会社に貢献することができれば「経費」として会社が支払います。

例を挙げれば、取材費用の他通信費に工事費用など、会社に対して貢献可能なものはすべて「経費」で支払うことが可能です。

「設備投資」と「経費」の違い

「設備投資」「経費」の違いですが、「設備投資」は労働環境をよくすることと、労働の効率化により、利益をもたらすという点がありますが、「経費」は純粋に利益になるかどうかを問われます。

その為違いは、労働環境を良くしようとする動きがあるか、そうではないかです。

「経費」は労働環境をよくすることに使用することができず、会社に貢献できるかどうかで支払われるお金なのです。

まとめ

「設備投資」「経費」の違いですが、ビジネスにおいては、「設備投資」は労働環境をよくすることに当たり、労働環境をよくすることで利益を生み出すことも考慮して会社側は必要な費用を支払います。

ですが、「経費」は会社が支払うお金の中では、最も厳しいもので労働環境の改善などは全く関係はなく、会社に利益をもたらすと判断したものに対して「経費」と称して必要な資金を提供するのです。

その為、違いは労働環境の改善に用いる資金であるかそうではないかが異なる点で、「経費」はよりシビアに会社の売り上げに貢献するものであるかを判断したのち、資金を提供するため、「経費」扱いにならないこともあるのです。

例えば飲食費などは「経費」にならず、その理由は事業に関係なく食事代として計上するため、「経費」にならないのです。

この、「経費」ですが「経費」になるかならないかを判断するには、必要であるかどうかを見ていけば判断が可能で、食事の場合食事を取らなくても会社は動きますので必要ではないという考えが持てます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典