スポンサーリンク

「話題」と「議題」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「話題」と「議題」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事では、「話題」「議題」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「話題」とは?

話題とは、わだいという読み方をする言葉です。

構成を見て分かる様に、はなしという意味を持つ話の字と、タイトルや標題を意味する題の字を組み合わせて出来た言葉となっています。

そのため会話を行う際の、題材を意味する言葉として用いられる事が多いです。

そのため会話を行う相手にとっては、情報を持っているであろう既知のものを示すのが基本となっています。

「話題」の使い方

話題とは相手と談話する際に、主題となっているテーマを言い表す際に用いられる事が多い言葉です。

例えば友人とスポーツについて会話した際には、話題はスポーツ、という使い方も見られます。

他にも多くの人の関心を引いたり、注目を集める事を、話題に上るや話題になる、という使い方で表現する事も多く見られるのです。

更に注目を集めたい時には、現在話題の、といった表現を使う事も少なくありません。

「議題」とは?

議題とは、ぎだいという読み方をする言葉です。

見て分かる様に話し合いや相談を意味する議という文字と、タイトル等を意味する題の字が組み合わさる事で出来ています。

なので会議にかけて討議する問題や題材の事を、主に議題という言葉で表現するのです。

「議題」の使い方

議題は日常会話ではなく、会議の場で討議の対象となる問題や、題材の事を表す言葉となっています。

そのため、議題に挙げる、とか、議題に取り上げるといった使い方をされる事が多いです。

あくまで会議といった正式な場に対して、用いるべき言葉となっています。

「話題」と「議題」の違い

話題と議題は文字の構成で分かる様に、最初の字が話か議かの違いです。

しかもその事により、示す意味合いに違いが生じています。

というの話題の方は、話す題材という形でシンプルに意味を汲み取れる様に、日常会話等のカジュアルな場での題材を表す言葉です。

或いは多くの人の関心を集めたり、集めようとしている時に使用される言葉だったりします。

一方の議題の方は、字から汲み取れる様に、会議の題材を意味する言葉です。

なので日常会話ではなく、会議の様な正式な場で討議の対象になる様な題材の事を意味する言葉となっています。

「話題」の例文

・『彼とはお互いに大好きなサッカーの話題で、大いに盛り上がりました』
・『今話題のラーメン屋なだけあって、店の外には長い行列が出来ている』
・『彼女とは趣味も好みも違い過ぎて、共通の話題がまるで見付からなかった』

「議題」の例文

・『今回の職員会議では、生徒の学力低下に関する問題が議題として挙がりました』
・『今度のリーダー会議の議題として、部下のモチベーションを上げる方法について取り上げるつもりです』
・『取締役会の議題として、不祥事を起こした社員の処遇について話し合われた』

まとめ

話題は、日常的な会話をする際の主な題材を意味する言葉です。

他にも注目を集めていたり、集める時に用いるケースが多く見られます。

課題の方は通常の会話ではなく、会議の様な正式な場で、討議の対象となる問題等を表現する際に用いる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典