スポンサーリンク

「誇張」と「誇大」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誇張」と「誇大」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「誇張」「誇大」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「誇張」とは?

実際よりも大げさに表現をすることです。

言葉で表現すること、絵で表現すること、文字で表現することなどをいいます。

芸能人の似顔絵を面白く描くときに、この行為が行われることがあります。

たとえば、ホクロが印象的な人がいたとします。

このホクロを実際よりも大きく描き、非常に目立つようにしたような似顔絵は「誇張」されて描かれているといえます。

ものまねをするときにも、この行為が行われることがあります。

たとえば、しゃくれがある人のまねをするときに、実際よりも大げさに表現されることがあります。

しゃべり方に特徴がある人だと、そのしゃべり方を強調したようなまねがされます。

しかし、実際はそこまででもありません。

「誇張」の使い方

実際よりも大げさに表現することを指して使用する言葉です。

表現方法は、言葉、絵画、文字などさまざまです。

どのよう場合にもいうことができます。

「誇大」とは?

「誇大」には2つの意味があります。

一つは、実際よりも大げさに表現するです。

言ったり、考えたりすることを指しています。

「飲むだけでスリムな体を手に入れられる」と宣伝しているドリンクがあったとします。

これを聞くと1本飲んだだけですぐにやせそうな気がします。

しかし、実際にこのようなことはないでしょう。

飲むだけでスリムな体を手に入れられるようなら、肥満で悩む人はいません。

実際にはそうでないのに、それよりも大げさに表現しているので、この製品の伝え方は「誇大」されています。

そういった製品は、宣伝方法がときに問題になります。

もう一つの意味は、誇ること、過信することです。

自分で自分を優れていると思って得意になることや、それを態度で表現することを誇るといいます。

過信とは信頼しすぎることです。

「誇大」の使い方

表現方法の程度がはなはだしいことを指して使用する言葉です。

主に言うことや考えることについて使用をします。

広告や妄想について、この言葉が使用されることが多いです。

「誇張」と「誇大」の違い

実際よりも大げさに表現するという意味が同じです。

しかし、表現の仕方に違いがあります。

前者は、言葉、絵画、文字などさまざまな表現方法についていうことができます。

後者は、言うことや考えることを主に指しています。

「誇張」の例文

・『それは誇張しているだろう』
・『誇張されている部分が多くあります』
・『誇張な演出が笑いをよぶ』
・『誇張はしていません』

「誇大」の例文

・『誇大広告を目にする』
・『誇大妄想』
・『誇大に表現をするクセ』
・『誇大な考えを持つ』

まとめ

表現方法が実際のものよりもはなはだしいことを意味する2つの言葉です。

違いは表現方法で、一方は言うこと、書くこと、描くことなどさまざまな表現方法を指しており、もう一方は言うことや考えることを指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典