スポンサーリンク

「語学研修」と「留学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「語学研修」と「留学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「語学研修」「留学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「語学研修」とは?

「語学研修」(ごがくけんしゅう)は漢字が表すように、語学を研修することです。

昔は英語圏への語学研修が一般的でしたが、現在では様々な言葉を学ぶために色々な国へ行く人がいます。

また中学や高校でも「語学研修」というカリキュラムが用意されていて、これを利用して10代前半でも海外で言葉を学ぶ人も増えてきました。

ただし1週間だけという短期の「語学研修」では、なかなか語学力アップさせるのは難しいという現実もありますが、若いうちに違う言葉を話す国の文化に触れるのは良いことです。

他にも企業によっては社員の語学力アップのために、ある一定の期間海外で語学研修に参加させるところもあります。

世界のグローバル化の波に乗るには、日本語以外の言葉を話す必要があります。

「留学」とは?

「留学」(りゅうがく)は、何かを学ぶために海外へいくことを意味します。

「留学」が使われている言葉には「国費留学」「私費留学」「短期留学」「留学費用」などがあります。

「留学」と聞くと海外の高校や大学へ行くというイメージが強いのですが、「サッカー留学」のようにスポーツのために海外に行くのも留学と表現します。

その昔は「留学」は限られた一部の人だけが経験できるものでしたが、現在では「短期留学」なら比較的簡単にできるために、留学経験のある人も増えてきました。

また留学を斡旋する業者もあるので、面倒な手続きは全て業者に任せて旅行気分で留学するのも可能になりました。

例えば「パリのお菓子学校に留学」などがその一例になります。

「語学研修」と「留学」の違い

「語学研修」「留学」の違いを、分かりやすく解説します。

「語学研修」「留学」も海外で学ぶことを意味します。

しかし「語学研修」は学ぶのは英語、中国語、フランス語などのように「語学」が中心となります。

期間も比較的短いのが特徴で、半年以上も語学研修というのは珍しいケースです。

どちらかといえば「語学研修」は用意されているプログラムに参加するというニュアンスがあり、現地で遠足やホストファミリーとの交流などの、イベントが用意されているケースが多いともいえます。

しかし「留学」の方は何を学ぶのかは人それぞれです。

とにかく学ぶために日本国外へ行くことが「留学」になります。

短期留学と短い期間の留学もありますが、数年にも及ぶ長い期間の留学も珍しくありません。

大学や大学院へ通い学位をもらうのを目指すケースもあります。

まとめ

「語学研修」「留学」 ます。

島国である日本では、日本語以外の言葉を話す人は少数派になります。

しかしこれからは、色々な言葉を話せる方が何かとメリットがあるはずです。

学校での英語は苦手でも、実際に海外に行ってその国で話されている言葉、知識、技術を学ぶのは良い刺激になるはずです。

機会があれば、どんどん海外で学ぶことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典