スポンサーリンク

「誤解を与える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誤解を与える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手に対して何かしらの影響や考えを持たせるという意味を持つ表現の一つをご紹介します。

この記事では、「誤解を与える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「誤解を与える」とは?の意味

これは『相手に意図していたことと違う理解を持たせてしまう』という意味を持つ代表的な表現です。

頻繁に使われる表現の一つですので、実際に聞いたり、使ったりされたした方もおおいのではないでしょうか。

似たような意味には『語弊がある』や『心得違い』。

『思い違い』や『履き違える』などがあります。

「誤解を与える」の概要

これは『誤解』と『与える』という二つの言葉が一緒になって成り立っている表現です。

『誤解』とは『ある事実などについて伝えたい意味とは異なる理解や解釈をすること』を表す言葉です。

つまり相手の言葉や文章などの表現で本来意図していた意味を取り違う、もしくは思い違いをしてしまうことを指します。

砕けた表現に直すのであれば『間違って理解させてしまう』という意味になります。

さて『与える』という表現について詳しく見ていくと大きく4つの意味があります。

今回の場合は『相手の理解に影響を及ぼして何らかの気持ちや考えや感情を持たせる』という意味になっています。

今回の表現でにおける『与える』についてはその意味においては相手に誤解という損害を『与える』ともいえるのではないでしょうか。

その他の意味としては相手に何かを渡したり提供、そして何かを割り当てるという意味がありますが、いずれの場合も『自分が所有している何かしらをたの人間に渡して、その人の物とする』という意味で使われています。

「誤解を与える」の言葉の使い方や使われ方

これは日常やビジネス、公式、非公式関わらずコミュニケーションが発生しているのであれば使われる可能性のある表現です。

『誤解』という『間違えた理解』は気を付けていても相手に『与えて』しまうことはままある現象です。

例えば何かを説明したり弁明している時などに、紛らわしい表現や分かりにくい言葉、言葉足らずの発言などをしてしまうことで、本当に伝えたいことが伝わらないということがあります。

この場合に『誤解を与えてしまう』という表現を使います。

また、そのような状況に立ち会ったときに『誤解を会えてしまいかねない』と訂正や表現の補足をさせることもあります。

『誤解』の後を『招く』や『される』という言葉にすることもとても多い表現です。

「誤解を与える」を使った例文(使用例)

・『分かりづらい表現で誤解を与えてしまい申し訳ございません』
・『あなたの発言はこのままだと相手に誤解を与えてしまいかねない』
・『普段の態度が周りの人間に変な誤解を与えてしまったことは反省しなければならない』

まとめ

如何でしたでしょうか。

比較的よく使われている表現ではありますが、振り返って意味を理解するとそれぞれの単語がどのような意味を持っているのかよく理解できのではないでしょうか。

先ほどもご紹介した通り、『誤解』の後は様々な言葉を付けることができますので、是非場面に応じて使い分けてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典