「読了」と「読破」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「読了」とは?意味

「読了」には「すっかり読み終えること」という意味があります。

「読了」の読み方

「読了」の読み方は、「どくりょう」になります。

「読了」の表現の使い方

「読了」の表現の使い方を紹介します。

「読了」には「すっかり読み終えること」という意味があります。

そこで、すっかり読み終えたことについて、文章にしてみましょう。

例えば、最近発売された小説を購入し、比較的早く読み終えた人がいるかもしれません。

このような人の様子を「最近発売された小説を、すぐに読了した」などと、「読了」を使った文章ができます。

「読了」を使った例文や短文など

「読了」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「読了」を使った例文1

「まだ『読了』していないから、結末は言わないで」

この例文はミステリー小説などを、読んでいる読者が、友達とその本についての話題をしている場面になります。

そこでまだすっかり読み終えていないから、結末は言わないでと、友達に正式に頼んでいます。

結末が先に知られてしまうほど、がっかりするものはないため結末は言わずに、本について語り合いたいと願っています。

このように「読了」には「すっかり読み終えること」という意味があります。

「読了」を使った例文2

「一冊の本を『読了』するまで、寝たりしない」

この例文に登場する人は、体力があり、気持ちが強いのかもしれません。

どんなに眠気が襲ってきても、一冊の本をすっかり読み終えるまでは、寝ないと誓っています。

とはいえ、話に興味が亡くなったり、強烈な睡魔が襲ってきたら、続けて読むのは難しいでしょう。

そのため実際に寝ないうちに「読了」できれば、たいしてものかもしれません。

「読了」の類語や類義語・言い換え

「読了」の類語や類似を紹介します。

「読破」【どくは】

「読破」には、「書物を終わりまで読み通すこと」という意味があります。

「分厚い本を読破したい」「巻数が多すぎる時代劇を、読破するのが夢だ」などという使い方をします。

「一気読み」【いっきよみ】

「一気読み」には「それまで読まずに置いておいた本やマンガなどを、一度に読む」という意味があります。

「シリーズを大人買いして、週末に一気読みする」「通勤時間が長いため、小説を一気読みする」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典