スポンサーリンク

「調理」と「料理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「調理」と「料理」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「調理」「料理」違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「調理」とは?

「調理」は、食べられる材料に手を加え、何かを作ることを意味します。

「調理時間」は、切ったり、焼いたり、味付けしたりなどの、加工するときに必要な時間を表します。

また「調理方法」は、どのような方法で作るのか、「調理道具」は、加工するときに使う道具を意味します。

ひと昔前なら「煮炊き」といっていました。

同義語は、英語で言えば、“cooking”です。

「調理」の使い方

「調理」は動詞にすると「調理する」となります。

「料理する」よりも技術的なことが焦点になっています。

つまり、材料を買い揃える、レシピを読むなどは、「調理する」とは言いません。

洗う、切る、焼く、茹でるなど、手先や道具で実際に食材を加工するときに使う言葉です。

「料理」とは?

「料理」は食材を使って、食べる物を作るときに使います。

ただし買い出しにいき、レシピを調べ、場合によっては後片付けと、全ての過程を意味する言葉です。

そして、出来上がった食べ物のことや特定の食べ物のことも「料理」と呼びます。

「手料理」「家庭料理」「郷土料理」などがその一例です。

ちなみに「料理」のもともとの意味は、何かを上手に処理することです。

「料理」の使い方

「調理」よりも広い範囲で使える言葉です。

「ああ、今日は料理したくないなあ」とパートナーが言ったとしたら、それは、切ったり焼いたりの技術的な作業だけではなく、献立を決めて買い物に行き、それを調理することが面倒なのかもしれません。

他にも、人をどう扱うかという場合にも、「あいつをどう料理してやるか」「料理」を使って表現します。

また「煮ても焼いても食えない奴」と、料理してもどうにもならないとの表現もあります。

「料理」は英語で、“cooking”“food”“meal”“cusine”となります。

「調理」と「料理」の違い

「調理」「料理」は、どちらも食べ物に関する言葉で、食べる物を作ることを意味します。

同じ意味で使えることもありますが、そうではないこともあります。

例えば「上手に調理する」「上手に料理する」は、ほぼ同じような意味として通じます。

しかし「詳しい調理法方を教えてください」とは言っても、「詳しい料理方法を教えてください」では、しっくりきません。

他にも「これは美味しい料理ですね」「これは美味しい調理ですね」と言い換えられません。

「調理」は、加工するときの技術を表すのに対し、「料理」は、「調理」を含めたもっと全般的なことを意味します。

「調理」の例文

・『調理してから30分過ぎました』

・『きちんと調理していなかったので、カビが生えた』

・『まずは、調理の基本を覚えてください』

・『調理方法は君に任せるよ』

「料理」の例文

・『君の嫁さんは料理が上手だね』

・『たくさん料理を作ったので、余ってしまった』

・『今度料理の本を出版します』

・『野菜料理の方が、健康には良いですよ』

まとめ

「調理」「料理」は、素材から食べ物を作るときに使います。

ただし「調理」は、作るときの加工技術のことで、「料理」は、加工技術以外のことも意味します。

誰かに「趣味は何ですか?」と聞いて、「料理」ではなく「調理」と答えが戻ってきたら、「切ったり焼いたりするのが好きなのだろうとか」 とちょっとマニアックな感じを受けます。

何気なく使っている「調理」「料理」ですが、使い方によってニュアンスが違ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典