スポンサーリンク

「講演」と「講習」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「講演」と「講習」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ漢字が付いていても、組み合わさる言葉によっては「違う意味を持つもの」もあります。

この記事では、「講演」「講習」の違いを分かりやすく説明していきます。

スマートな学習をしていきましょう。

スポンサーリンク

「講演」とは?

講演(こうえん)とは、大勢の前でトークすること。

あるテーマについて語ることです。

こうした会を「講演会」と呼んでいます。

もともと「講演」は仏教から来ている言葉です。

「仏の教えを分かりやすく教える」という意味があります。

その後「講演」は、仏教から離れた意味を持つようになります。

有名アナウンサーやアスリート、教育評論家のトークショーは「講演」と呼ばれています。

壇上にのぼって、不特定多数の人に思いや経験談をつたえることが講演です。

ちなみに講演とよく似たものに「セミナー」があります。

セミナーは講演よりも、コンパクトなもの。

参加者同士のディスカッションが含まれることもあります。

セミナーより、大規模なものが「講演」です。

「講習」とは?

講習(こうしゅう)とは先生の指導のもと、専門的な知識を身につけること。

そうした講習を受ける場を「講習会」といっています。

「講習」「講じる」「習う」が組み合わさった熟語です。

「講じる」とは手立てを考えること。

そして「習う」は、教えてもらうことです。

そのため同じ目的を持った人たちが、集まって学ぶことが「講習」です。

AEDの講習会、認知症予防の講習会、高齢ドライバーの講習会などが当てはまります。

講習会とよく似たものに「勉強会」があります。

どちらも、ひとつのテーマを勉強すること。

目的は同じですが講師がいるか、いないかの違いがあります。

専門的な知識をもつ先生がいるのが講習会。

講師がいなくても成り立つのが勉強会です。

「講演」と「講習」の違い

どちらも「講じる」という言葉が付いているので、見分けがつきにくいです。

「講演」「講習」の違いを、分かりやすく解説します。

・体験談をつたえる「講演」、一緒にならう「講習」
「講演」「講習」「他人から学ぶ」という目的は一緒です。

ところがその中身が異なっています。

壇上に上がって大勢の人の前で、トークをおこなうのが講演。

講演する人は、芸能人やアスリート、落語家など様々です。

それに対して「ともに勉強する」という意味合いが強いのが講習です。

専門的な知識をつけるために、実技指導を交えながらおこなわれます。

そのため講習会は、屋外で実施されることもあります。

経験談や思いを伝えるのが「講演」

先生と一緒に勉強するのが「講習」です。

まとめ

「講演」「講習」の違いを分かりやすくお伝えしました。

「講演」とは多くの聞き手の前で、自分の体験談などを語ること。

そして「講習」は、先生に教えてもらう学習会のこと。

多くの仲間とともに、専門的な知識を身につけることです。

最近ではネットを通じた「オンライン講演会やオンライン講習会」も増えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典