スポンサーリンク

「講釈が多い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「講釈が多い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

上から目線でお説教されると、嫌になることもあります。

この記事では、「講釈が多い」の意味を分かりやすく説明していきます。

詳しい意味を知って、心をすっきり整えていきましょう。

スポンサーリンク

「講釈が多い」とは?意味

講釈が多いとは、言い訳が多いこと。

だらだらとした言葉が多くて、中身と行動が伴っていない様子です。

ウンザリとしたシーンで用いる、マイナスの表現になります。

決して「色々と知っていて賢いですね」という意味はないので、使い方に注意していきましょう。

「講釈が多い」と感じるのは、上から目線でお説教をされたとき。

過去の武勇伝を持ち出されて、とうとうと語られたときです。

こちらの都合お構いなしで自分の話ばかりするので、聞いている方は「早くこの場を去りたい」と不快な心持ちになります。

本来の会話とは、キャッチボールのように「受けて、投げ返すもの」

他人の立場を考えずに一方的にボールを投げ続けてしまえば、それは「会話」にはなりません。

講釈が多い人は自分に自信がないゆえに、虚勢を張ってしまう傾向があります。

そうした人に悩んだら、適度に聞き流してスルーさせるのも大人の処方術です。

「講釈が多い」の概要

講釈が多いの「講釈」とは、内容や意味を細かく説明することです。

「講釈」という言葉が生まれたのは江戸時代。

当時は「講釈師」と呼ばれる職業があり、世間の関心をあつめていました。

講釈師とは昔の軍記物語やエピソードを、わかりやすく解説してくれる人のこと。

講釈師は今でいう落語家のように、壇上にあがって話すことを生業にしていました。

講釈師の独特の話しぶりから「講釈が多い」「講釈を垂れる」などの言い回しが生まれるようになりました。

江戸時代の講釈はユーモアを交えた面白いものだったため、現代の「講釈」とはニュアンスが少々異なっているようです。

「講釈が多い」の言葉の使い方や使われ方

「講釈が多い」の使い方をチェックしていきましょう。

・いつも講釈が多くて偉そうな上司は、会社の嫌われ者だ。

・講釈が多い営業マンは、かえってお客さまを遠ざけてしまう。

「昔から無能な者ほど、講釈が多いと言われている。言動には気を付けなさい」

講釈が多いとは、お説教じみていて苦々しいこと。

行動が伴っていなくて、矛盾があるように思えることです。

誰かを非難するときに用いる言葉になります。

「講釈が多い」の類語や言いかえ

「講釈が多い」の言いかえには、次のようなフレーズがあります。

・講釈を垂れる
・御託を並べる
・言い訳が多い
・話が長い
ちなみに「講釈を垂れる」はよく使われる表現です。

上から水を流すように、上から目線でトークをおこなうことです。

御託を並べるも、同じような意味合いになります。

まとめ

「講釈が多い」の使い方や意味について、まとめてお伝えしました。

講釈が多いとは、自分勝手に話をすすめること。

一方的な話が多く、ウンザリするようなシーンで使います。

講釈が多いの類語には「講釈を垂れる」もあります。

色々な言い回しを知って、日常生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典